スリッポンは靴下を見せるのかって話とおすすめメンズコーデ3選

更新日:

瞬です。

スリッポンってどんなアイテムか知ってますか?

ローファーと何が違うんだって言われると、大した違いはないです。

紐を結ぶ必要もなく、足を入れるだけで履ける面倒臭がりのメンズにぴったりのシューズですよね。

まあその分脱げやすいことも難点だったりするんですが。

 

しかし、スリッポンを履こうと思った時に必ずぶち当たる問題が、

瞬くん
・・・これ、靴下どうすればいいの?

 

ってやつ。

 

今回は、スリッポンの「靴下どうする問題」と、スリッポンで作るおすすめのメンズコーデを解説していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

スリッポンはできることなら素足で履きたい

そもそもスリッポンの魅力は、このロールアップしたパンツからチラリと見える足首ですよね?

足首を出すだけで一気にモダンな雰囲気を出すことができます。

 

素足で履くなら、気にすることはありません。

しかし、ここからチラリと靴下が見えていたらどうでしょうか。

 

急にダサくなります。なんのためにスリッポン履いてんのって聞きたくなります。

最近は敢えて靴下を見せるスリッポンコーデが流行っていたりもしますが、基本的にスリッポンで靴下が見えるのはご法度。

 

ということで、是非靴下を履かずに足を通していただきたいものなのですが、少し気をつけてもらいたいことがあります。

 

キャンパス素材の場合は靴下を履かなくても良い

スリッポンの素材には、大きく分けて二つあります。

キャンパス素材と、革ですね。

 

キャンパス素材というと、こういった大学生がよく履いてるやつです。

普通はスリッポンというとこっちを思い浮かべる方が多いんじゃないでしょうか?

 

価格も安く、どんなコーデにも合わせられるので便利ですね。

こちらの場合は、素足で履いても何の問題もありません。

 

強いてデメリットを挙げるなら、靴擦れはします。笑

靴下を履かないわけですからそこは避けられませんので、スリッポンを買う時はサイズには普段以上に気をつけてください。

 

一回靴擦れすると一気にその靴を履く気が無くなるので、そのまま棚に眠らせてしまってはとてももったいないですからね。

 

革素材のスリッポンは、絶対に靴下を履くべし!!

気にしなければいけないのは、革素材のもの。

こいつを素足で履いてしまうと・・・

足の臭いがものすごいことになります。

 

なかなか周りに足の臭いを嗅がれる機会は少ないと思いますが、メンズのモテファッション堂々一位は「清潔感があること」です。

足が臭いメンズに清潔感なんて欠片もありません。

 

しかし、当然スリッポンを履く限り靴下が見えてしまってはいけない。

さて、このジレンマをどうすれば良いのか。

 

ユニクロのベリーショートソックス

靴から見せないベリーショート丈。立体構造で脱げにくいのもポイント。

引用:ユニクロ

こいつを使います。

ユニクロのベリーショートソックス、390円です。

 

無印良品にも似たようなものが売っていますが、僕はこちらの方が好みですね。

 

この靴下なら足首からチラ見する心配はないですし、革スリッポンでも足が臭くなることもありません。消臭効果も付いているらしいですよ。

ただ、この場合も気をつけなければいけないことがあります。

 

 

靴下を見られるとめちゃくちゃダサい

見えない靴下でスリッポンを履いて完璧だと思っていても、その日行ったお店がたまたまお座敷だった・・・

あるあるだと思います。

 

そもそもスリッポンは素足で履くことがオシャレなわけで、だからこそ見えない靴下を履いている。

なのに、靴を脱いでみると実は靴下を履いていて、しかも見えないようにベリーショートソックス。

 

ファッションは、「さりげなさ」という要素も重要です。

狙いが完全に見透かされてしまったファッションは、少なくともその相手にはオシャレには見られないでしょう。

 

また、ベリーショートソックスを単体で見られた時の姿は、なんとも頼りないというかだらしないというか、カッコ悪いです。

ですので、外で靴を脱ぐことが事前に分かっている場合はスリッポンを履かないなどの配慮をした上で、そういうリスク管理も必要になってくるわけです。

 

 

面倒でも履きたくなるスリッポンのおすすめメンズコーデ3選

瞬くん
いやー、なんて面倒臭いアイテムなんだ。

 

しかし、それでもメンズから高い人気を誇っているのには理由があります。

スリッポンコーデのポイントは、言うまでもなく「足首を見せること」です。

 

ボーダーカットソーに白のリネンシャツ、デニムととてもシンプルなメンズコーデです。

 

スリッポンは、そういうシンプルなコーデにこそ取り入れてほしいアイテムです。

足首を見せてさりげないオシャレを演出できるので、シンプルなコーデを一段も二段もランクアップさせてくれます。

 

特に夏のようなアイテム数の少ない季節は、こういうワンポイントがとても重要になってきますね。

 

スリッポン×ロールアップしたデニムの組み合わせは鉄板です。

アンクルパンツやクロップドパンツと合わせて自然に足首を見せるのも良いですが、ロールアップするのもまたオシャレですよ。

 

こちらはスラックスとスリッポンを合わせていますね。

スラックスはゆったりとしたイメージがあるので、そこをスリッポンがうまく引き締めてくれています。

 

ボトムスで引き締めるなら、普通の黒スキニーでもいいですね。

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • キャンパス素材のスリッポンは、素足で問題ない。
  • 革素材のスリッポンは、ベリーショートソックスを履くのが良い。
  • 靴下を履いていることはできるだけバレないようにする。

「足首を出すスタイル」はメンズファッションにおいて、昨今のトレンドです。

 

ユニクロもそこをキャッチコピーとしてアンクルパンツを販売していたりもするので、間違いありませんね。

 

スポンサーリンク


-

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.