デニムシャツは奥深い?メンズのおすすめインナーを解説する。

更新日:

瞬です。

デニムシャツは一年通して着回せるメンズファッションの鉄板アイテムですよね。

幅広い年齢層、ジャンル、スタイルのメンズから愛されるデニムシャツですが、これ意外と着こなしが難しいんです。

 

 

スポンサーリンク

デニムシャツは意外と着こなしが難しい

なぜデニムシャツの着こなしが難しいのか。

それは、カジュアルすぎるからなんですよね。

基本的にデニム素材というのは、カジュアルアイテムに分類されます。

ボトムスに持ってきてデニムパンツにすると良い具合にカジュアルダウンされて便利なのですが、トップスとなると少しカジュアル感が強すぎる。

メンズファッションはキレイめとカジュアルのバランスが重要です。

「デニムシャツはカジュアルアイテムだから、他のアイテムでキレイめにドレスアップする。」

という意識があればコーデは良い方に変わっていくのですが、そこを間違えてダサいヲタコーデになっている人、街でもよく見かけます。

 

 

デニムシャツと合わせるおすすめインナー

デニムシャツは、冬以外はトップスの上に羽織るアウターとしての使い方が主流かと思います。

その場合、当然重要になってくるのがインナー。

デニムシャツを上手く引き立てるインナーはなにを選べば良いのでしょうか?

順に解説していきます。

 

無地の白カットソー

はい、間違いないですね。無地の白カットソーです。

特にVネックのカットソーがおすすめです。

襟付きのシャツだとデニムシャツも襟が付いているので襟on襟になってしまいますよね。

これはなにか特別な効果を狙わない限りはNGです。

ちなみに黒はダメなのかってとこですが、少しモード系のファッションになりますね。

デニムシャツを着こなすポイントは「爽やかさ」ですので、黒のインナーと合わせるとそこがいまいち出にくいんですよね。

デニムシャツ+黒インナーはかなり上級者向けのファッションになりますので、無難に攻めるなら白インナーを選ぶべきです。

 

ボーダーカットソー

ボーダーも良いですね。ハズレがないです。

白ベースに黒のボーダーが細めに入っているものがスタンダードですね。

なんでボーダーシャツってこんなにオシャレに見えるんでしょうかね。本当に不思議です。

ボーダーシャツの上から柄のないアウターを羽織ったコーデは本当にお手軽。もちろん夏はボーダーシャツ一枚でも全然いけますし。

割と本気でオシャレ初心者はとりあえずボーダーシャツ買っておけば良いって思ってます。

 

 

ボトムスはどうすればいい?

あとはボトムスですよね。この記事に挙げているモデルさんのコーデを見ればもう想像はついているかもしれませんが、難しいことは考えず

黒一択です。ある程度細身のやつ。

これを選んでおけば本当に間違いありません。

考え方としては、「デニムシャツで色物を使っているのでモノトーン。でもインナーが白だから被らないようにするためにボトムスは黒。」って感じです。

細めの黒はドレスアップ効果も抜群なのでぴったりってわけですね。

 

 

しかし、これらはあくまで無難に攻めた場合の話。

このブログは「絶対にダサいと言われないためのメンズファッションの掟」を紹介しています。

インナーを黒にした場合、色のバランスを取るためにボトムスにベージュなどの明るい色を持ってくることはもちろんありますし、

まさかのデニム×デニムコーデなんかもあります。このモデルさんはインナーのレイヤードをうまく使うことで違和感を感じさせないようにしていますね。

暑い夏はタンクトップを重ね着して爽やかメンズに。

 

 

まとめ

ファッションは自由です。

このブログを読んで、メンズファッションの掟を守った上で、最終的には自分なりのファッションを作り上げていってもらえると僕はとても嬉しいですね。

 

スポンサーリンク


-シャツ

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.