タンクトップを重ね着?レイヤード?今ドキメンズの必須テクとは

更新日:

瞬です。

暑い夏はとにかく着るものを少なくして快適に過ごしたいですよね。

トップス1枚で済めばもちろんそれが一番涼しいし楽なのですが、実際そうはいきません。

 

地肌に着ることができるトップスってTシャツくらいで、シャツやニットを着るオシャレなメンズには重ね着するインナーが必須になってきます。

「俺はシャツでも地肌に直接着るぞ!」ってメンズもいるかもしれません。

ですが、汗を書いたらベタベタして気持ち悪いし、アイテムも長持ちしないですし、なにより肌が透けてしまった時の女子からの評判はもう最悪です。

 

「でも重ね着するの暑いしなぁ・・・」

そんなわがままメンズにぴったりなインナーが、今回紹介するタンクトップです。

また今回は、もう一歩進んだ着こなしである「レイヤード」についても解説したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

夏のタンクトップってどう使うの?

タンクトップといえば、筋肉芸人なんかがテレビで着ているのをよく見ますよね。

肩から先がなく、それ一枚で着れば恐らくメンズアイテムの中で最も涼しいトップスではないでしょうか。

しかし、その露出度の高さから一枚で着ていると女性からの評判はかなり悪く、なによりそこまで腕を出して似合うメンズはそうそういません。

そんなタンクトップですが、実は使い方次第では案外オシャレアイテムとして使うことができるんです。

 

トップスの下に重ね着する

夏のタンクトップの最もよくある使い方が、トップスの下に重ね着してインナーとして使うというものですね。

 

ただの重ね着ですので、基本的にタンクトップ自体は外からは見えません。

オシャレのためというよりは汗染み予防や乳首透け予防などの用途として使うって感じですね。

 

肩から先がないため、重ね着してもそんなに暑さは変わりません。

むしろ汗のベタベタがない分、体感温度はいくらか涼しくなるくらいではないでしょうか。

このような使い方が基本ですが、今回はもう一歩進んだオシャレなメンズのための使い方も紹介していきます。

 

レイヤードする

レイヤードは「積み重ねる」という意味ですが、ファッション業界では主に「重ね着したインナーをさりげなく見せる」ことを言います。

言葉だけではよくわからないと思いますので、例を出すと

こんな感じですね。

全身ブラックのコーデで、夏にこのスタイルだと若干重たく見えてしまいがちですよね。

そこで、タンクトップの白をトップスの下からチラリと見せることで、コントラストを効かせてアクセントをつけているわけです。

 

これを「縦のレイヤード」と言いますが、今年はこの縦のレイヤードがメンズファッションにおいて流行りを見せています。

夏の汗染み予防のためのタンクトップを少しだけ下から見せてあげるだけでトレンドのスタイルが作れてしまうんですから、これは試さないわけにはいきません。

ですが、当然ながらただ出せばいいってものではありません。

 

 

タンクトップの色はどうすればいいの?

タンクトップの色は、インナーとして着るかレイヤードして着るかで少々変わります。

 

インナーとして着る場合はベージュに近い色を選ぶ

インナーとして着る場合のおすすめは、ベージュです。

ベージュは最も肌に近い色なので、インナーとして着ても透けにくいんですね。

ですが、ベージュのインナーが外から見えてしまうとかなりダサいので、あくまでインナーとして着る場合に限ります

レイヤードをする時は、また別の話。

 

レイヤードして着る場合は白か黒

レイヤードして着る場合、色は迷わず白か黒のモノトーン色を選んでください。

このブログを読んでくださってる方にとっては当たり前のことかもしれませんが、タンクトップがコーデの主役にならない以上、目立つ色を選んではいけません。

メンズファッションの鉄則ですよね。

 

確かに、モノトーンコーデにカラーのタンクトップをレイヤードすると良いアクセントになる可能性は確かにあります。

ですが、間違いなく上級者コーデになりますし、そのために着回しが難しいカラーのタンクトップを買う意味はあまりないように思います。

 

では実際に、タンクトップをレイヤードして作るおすすめメンズコーデを解説していきたいと思います。

 

 

タンクトップをレイヤードして作るおすすめメンズコーデ

ベージュのトップスに黒のボトムスと靴。

モノトーン+1色のお手本のようなメンズコーデで、もちろんそれだけでも十分オシャレに見えます。

ですが、このコーデはもう一歩進んでいます。

 

白のタンクトップをレイヤードすることで、抜け感をプラスしてさりげないオシャレを演出しているんですね。

縦のレイヤードで成功しているお手本メンズコーデです。

 

こちらは若干上級者向けですね。

レイヤードしたインナーの色合いが、トップスやボトムスと少し被っています。

それなのにオシャレに見える理由は、下から上にかけて色がグラデーションになっているからですね。

たまにはこういう外れたコーデも試してみると面白いですよ。

 

「さすがにレイヤードの長さ短すぎない?」って思う方もいるかもしれません。

ここはかなり好みに依るところがありますが、このくらいでも十分レイヤードの効果は発揮されています。

個人的にはあまり狙い過ぎたレイヤードコーデは好きではありません。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タンクトップのような、完全に下着として着たり、見せてもレイヤードするだけのアイテムは、できるだけ安い物を選ぶことも大切です。

どうせ地肌に着るから長持ちはしないですし、こういうところで安く抑えてあげることで来るべき秋冬の高いアウターにお金をかけることができます。

一年通してオシャレなメンズを目指しましょうね。

スポンサーリンク


-メンズファッション

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.