メンズに黒のワイドパンツがおすすめな理由とおしゃれコーデ4選

更新日:

瞬です。

 

最近、ワイドパンツの勢いがメンズファッションにかなり迫ってきています。

元々ビッグシルエットスタイルの一つとしてレディースで流行りを見せていたワイドパンツですが、やっぱりメンズにも来ましたね。

 

ワイドパンツと言えば、幅が極端に広いパンツのことを言います。

ダボっとしていて、「メンズファッションはシュッとまとまった細身なスタイルがベストなんだ。」と考えている人からしたら敬遠してしまいがちなアイテムです。

 

確かに、一見メンズファッション上級者向けアイテムに見えるかもしれません。

しかし、ほんの少しのポイントを意識するだけで簡単に大人っぽいコーデを作ることができるんです。

 

今回は、黒のワイドパンツがおすすめな理由と、おしゃれなコーデ4選について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

メンズに黒のワイドパンツがおすすめな理由

http://wear.jp/genji/10854839/

色の好みとか自分の持っているアイテムと合わせるとかそんなことはどうでもいい。

迷わず黒を選んでください。

 

このブログでも何度も言っているメンズファッションの掟の1つに、「モノトーン+1色」があります。

メンズコーデは黒や白などのモノトーン多めで、カラーはなるべく少なめにしましょうってやつですね。

 

そこを考えると着回しの面から黒を選ぶのは当然なのですが、もう一つ大きな理由があります。

ワイドパンツで色味を出してしまうと、あまりにもカジュアル感が出すぎてしまうんですよね。

 

メンズファッションにおいて、「キレイめとカジュアルのバランスを考えること」はとても大切。

全身キレイめアイテムで固めてもキメすぎていてダメだし、カジュアルアイテムが多すぎても子供っぽくなってしまう。

 

キレイめとカジュアルの印象はサイズ感で表現することもできます。

 

ワイドパンツのようなサイズの大きいアイテムは、それだけでかなりカジュアルな印象を与えます。

そこでもし赤などの膨張色を使ってしまうと、「大きめ+膨張」でそれはそれは取り返しのつかないことになってしまうんですよね。

 

だから、せめて色は収縮色の黒にして良い感じのカジュアル感に抑えてあげることが重要なわけです。

 

 

Aラインを意識することがポイント

ワイドパンツはサイズ感がアピールポイントのアイテムですから、全体のシルエットのバランスを取ることもとても大切です。

ボトムスがダボっとしたシルエットで、トップスまでサイズ感の合っていない大きめのTシャツなんかにしちゃうと、どうしてもだらしない格好に見えてしまうんですね。

 

ここで大事になってくるのが、Aラインのシルエット。

下半身がダボっとしていて上半身が細めのスタイルのことですね。

 

ワイドパンツをコーデに取り入れるなら、トップスは細身のシュッとしたアイテムを選ぶ必要があるわけです。

このラインを意識することで、メリハリのあるバランスの良いシルエットを作ることができます。

 

ワイドパンツを取り入れる上で、このAラインを目指してコーデを作っているかいないかでは、出来上がりが全く変わってきます。

 

 

黒のワイドパンツで作るおしゃれコーデ4選

では、実際に黒のワイドパンツで作るおしゃれコーデを見ていきましょうか。

 

黒のワイドパンツ+ベージュ

http://wear.jp/genji/7194691/

九分丈のワイドパンツに、暗めのベージュを合わせたコーデです。

 

ワイドパンツはフルレングスだとダボっとした印象を与えすぎてしまいます。

そこで、少し短めにしてくるぶしをチラッと見せることで、重たくなりすぎないコーデを作っているところがポイントですね。

 

黒のワイドパンツを使った暗めコーデ

http://wear.jp/genji/9551105/

こちらは全身暗めのワイドパンツコーデですね。

 

こういうコーデは少しキメすぎた印象を与えてしまいがちですが、ワイドパンツを取り入れることでうまくカジュアルダウンに成功しています。

レイヤードしている白のインナーがチラッと見えているのもオシャレですね。

 

黒のワイドパンツを使った白黒コーデ

 

http://wear.jp/genji/9093777/

白と黒のコントラストが美しいコーデです。

 

こちらもボトムスをチノパンなんかにしちゃうと、オシャレではあるんですがあまりにもシンプルすぎますよね。

ワイドパンツはうまく使うと、なんでもないコーディネートを一気にオシャレに変えてくれる場合があります。

 

このコーデがその最たる例ですね。

 

デニムのワイドパンツを使ったコーデ


ワイドパンツのカラーは黒だと断言しましたが、ここで例外を。

デニムはワイドパンツでは黒以外で唯一使える色な気がしますね。

 

デニムのワイドパンツは裾をロールアップして抜け感をプラスすることがポイントになります。

また他のアイテムを白にして重たい感じをなくしているところも上手いなぁ、と感じますね。

 

少し上級者向けのコーデです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワイドパンツは着こなしが難しく感じてしまいがちですが、シャレ感がとても強いので、意外と簡単に様になるコーデを作ることができます。

 

ただ、一つ欠点を挙げるならば、「誰でも似合うわけではない」ということです。

ワイドパンツは、特に背が高いスタイルの良い人が着るとめちゃくちゃかっこいいです。

 

しかし、逆に足の短さがコンプレックスの人なんかが着ると、そのコンプレックスがさらに目立ってしまう場合があります。

ファッションは、自分に合ったスタイルを選ぶこともとても大切です。

スポンサーリンク


-パンツ

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.