真冬は寒い?チェスターコートを真冬でも暖かく着こなす3つの方法

更新日:

瞬です。

チェスターコートが秋冬のコートであることは間違いありませんが、このコート、冬は着れても「真冬」は寒くないですか?

正直、冬の本格的なコートであるPコートやダッフルコートと比べると明らかに防寒性に欠けますよね。

 

でもコートってそんなにたくさん買えるアイテムではないし、できるならもう少し長く着ていたい。

結論から言うと、チェスターコートは真冬でも十分着れるアイテムです。

ただ、他のアイテムの工夫次第で。

 

今回は、チェスターコートを真冬でも暖かく着れる方法を3つ解説します。

これを読んでもらえれば、もう「チェスターコートは寒い。」なんて言うことは絶対に無くなります。

 

記事の最後でも紹介してますが、僕はD collectionのチェスターコートを愛用しています。

メンズの冬コーデを楽しむなら、もはやチェスターコートは必須アイテムだと思うんですよね。

 

 

スポンサーリンク

お金がある人は厚手のチェスターコートを選べば良い

まず大前提として、お金がある人は厚手のチェスターコートを選べば良いんです。

というのも、厚手で防寒性があって、かつ質の良いチェスターコートは、最低でも3万円は出さないとなかなか手に入りません。

 

コートというアイテムの相場は元々これくらいですが、最近ではリーズナブルなものもたくさん販売されていますよね。

安くてもデザインが良いものはアイテムの目利き次第で見つけられますが、防寒性は素材や作りの問題なので、やはり値段相応のものしかないですね。

 

なので、「コート1枚に3万は・・・。」って人は、大人しく今から紹介する3つの方法がおすすめです。

 

 

チェスターコートを真冬でも暖かく着こなす3つの方法

では、チェスターコートを真冬でも暖かく着こなすための3つの方法を解説していきます。

 

決して全て実践しろと言っているわけではありません。

自分のしたいコーデと照らし合わせながら、寒くなくなるまで2つ、3つと調整していくのがベストですね。

 

インナーに暖かいニットを着る

この方法は、防寒性というよりおしゃれとして自然に取り入れている人が多いですね。

コートの定番インナーであるニットは、おしゃれさだけでなく防寒性もインナーの中ではトップです。

 

http://wear.jp/aroaroalone/8482792/

特に真冬の場合、厚手でケーブル編みのニットをチョイスするだけで防寒性はかなり変わってきます。

ニットはインナーにシャツを持ってきて襟を見せてあげるとおしゃれですね。

 

http://wear.jp/daaaa32/8867078/

普通のニットでも防寒性は十分ですが、タートルネックを使うことでより一層暖かく着こなすことができます。

 

マフラーを巻く

防寒といえばマフラーですよね。

人間の首元にはあらゆる神経が通っているので、首元を温めるだけで全身が暖かくなってきます。

 

http://wear.jp/sasatoshi/8780528/

そしてなにより、チェスターコートはマフラーとの相性が抜群です。

 

チェスターコートは襟が寝ているため、首元が寂しくなりがちなんですよね。

それを上手くカバーしてくれるのがマフラーってわけです。

チェスターコートにマフラーを巻く場合はこちらの記事を参考にしてください。

 

ヒートテックを着る

今は便利なものがあります。

 

みんな大好きヒートテックは、基本的に素肌で着るのが正しい着方です。

Tシャツの上などに着ると保温性が著しく下がってしまうので、肌が弱いなどの事情がある人以外は素肌に直接着てください。

 

これがあれば、アウターがとかインナーがとか関係ありません。

1000円で買えてしまうので、真冬は2、3枚持っておいてローテーションするのが良いですね。

 

 

管理人も愛用するおすすめチェスターコートを1つだけ紹介する。

最後に、僕も愛用しているおすすめのチェスターコートを1つだけ紹介しておきます。

 

コートってアイテムの中でも値が張るし、絶対に失敗したくないですよね

なので今回は、僕が実際に使ってみて「これなら自信を持っておすすめできる!」って商品を厳選しました。

 

僕は、D collectionのチェスターコートを愛用しています。

 

D collectionは、日本で唯一「オシャレが学べる」メンズファッション通販サイトなんです。

そのため、ファッション初心者のことを知り尽くして絶妙なとこを突いていて、本当に見事です。

通販サイトとしてはもちろんのこと、「月間600万PVのメンズファッションブログ」としても優秀すぎるんで、チラッと覗いてみるだけでも大いに価値があります。

 

このチェスターコートは、デザイン自体はとてもシンプルで着回しやすい。

カラーもネイビー、グレージュ、ライトグレーと、ちゃんと使える色を押さえてる印象がありますね。

ただ、シルエットは少しオーバー気味になっていて、トレンドも取り入れてる。

最も実用的ですね。ウール素材で防寒性も高いので、冬が本番に入っても主役として使えるでしょう。

 

ただ、Dコレは通販サイト。ネットは便利だけど、どうしても心配なことが1つだけ。

「サイズ選び」ですね。僕も何度も悲しい思いをしてきた人間です。その気持ちは痛いほど分かります。

でも、それこそが僕がDコレをここまで勧める最も大きな理由の1つ。

Dコレの本当にすごいところは、「通販でも絶対にサイズ選びを失敗させない鉄壁のシステム」にあるんです。

 

まずは、「スタッフ着用レビュー」の出番。

Dコレの様々な体型のスタッフが、実際に着てみた感想を詳しくレビューしてくれています。

あとは実際に買った人のレビューも参考になりますね。「身長、体重、購入サイズが全部書かれてるんで、そこをしっかり見れば間違える方が難しい。

 

そして、極め付けはこれ。「試着代行サービス」なんてものまであります。

プロのスタッフと直接やり取りしてしまえば、もはや鉄壁でしょう。

 

それでも万が一サイズ選びに失敗した時は、サイズ交換を送料無料でやってくれて、返品も可

これまで散々やっといて結局失敗しても大丈夫って、もはや意味が分からない。

「ここまでやる必要あるのか?」って思うかもしれませんけど、「ここまでやる」のがD collectionなんです。

 

正直、最近のDコレがコンテンツとして優秀すぎて、ウチのような個人のファッションブログの存在意義が問われつつあるような気がする。

はっきり言って、Dコレのファンになれば、自動的におしゃれになれます。

 

 

まとめ

洋服を着るそもそもの目的は、寒さをしのぐため。

 

ファッションとして着る場合はもちろん見た目が最も重要になりますが、「快適に着れるか」ってところも大事な要素の一つです。

スポンサーリンク


-チェスターコート

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2019 All Rights Reserved.