春秋だけじゃない!デニムジャケットを冬でも着こなす方法

更新日:

瞬です。

 

デニムジャケット、着こなせてますか?

デニムジャケットはカジュアルでおしゃれなアイテムなので、春秋に着たい定番アウターですよね。

 

ただ、おしゃれなアイテムって春秋に限らずできるだけ長い間着たいもの。

でもデニムジャケットは比較的薄手なので、冬に着るのはやっぱり少し気が引ける。

 

そこで今回は、冬でもデニムジャケットをおしゃれに着こなす方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

デニムジャケットをインナーとして使う

瞬くん
デニムジャケットじゃやっぱ冬は寒いよ!

確かに、気温10℃を下回るような寒さだとデニムジャケットでは寒いです。

でもそれって、デニムジャケットをアウターとして着た場合の話じゃないですか。

 

デニムジャケットをインナーとして使い、これと別に暖かいアウターを組み合わせればいいんです。

こうすれば春秋冬の3シーズン通してデニムジャケットが活躍しますよ。

 

瞬くん
デニムジャケットをインナーにするのはわかったけど、じゃあアウターは何を着ればいいの?

 

http://wear.jp/sasatoshi/11304742/

デニムジャケットに合わせるアウターは、コートがおすすめです。

これなら防寒性はバッチリです。

特に、チェスターコートやステンカラーコートのようなシンプルなデザインのコートがおすすめですね。

 

ネイビーのチェスターコートをアウターとして使い、デニムジャケット以外をモノトーンでシンプルにまとめてあげれば、とてもかっこよく決まります。

 

 

デニムジャケットを冬でもおしゃれに着こなすための3つのポイント

ただし、デニムジャケットをインナーにして、あとはアウターにコートを持ってくるだけでおしゃれに見えるなら誰も苦労しません。

選ぶアイテムやサイズを間違えれば、とたんにダサく見えます。

 

冬でもデニムジャケットをおしゃれに着こなすためには、気をつけるべき3つのポイントがあります。

 

色は濃い目でシンプルなデザイン

実はデニムジャケットって、とてもカジュアル要素が強いのです。

 

でも、おしゃれなファッションにするためには、できるだけカジュアル感を抑える必要があります。

ワッペンや刺繍などの装飾があるとカジュアル感が増してしまい、子供っぽい印象が強くなります。

 

そのため、シンプルなアウターとマッチさせるために、デニムジャケットは色が濃い目でシンプルなデザインのものを選びましょう。

こうすることで、全体的にキレイめな雰囲気にまとまり、おしゃれ度がアップします。

 

http://wear.jp/gabugabuneko/9514996/

色の濃さやデザインは大体このくらいが良いですね。

とりあえず濃いめのシンプルなやつ選んでおけば間違いないです。

 

デニムジャケットの丈は腰丈辺りがベスト

短いとコートの丈とのバランスが悪くなりますし、何より防寒性に欠けます。

逆に長くすると、腰の位置が低く見えてしまいます。

 

http://wear.jp/ryosukefashion/11587114/

大体、腰丈くらいの長さがベストですね。

別の表現をすると、ベルトが隠れるか隠れないかくらいの長さです。

 

どうでしょう?かっこいいですよね。

全身をシンプルなアイテムでまとめているので、カジュアルすぎないおしゃれなコーデに仕上がってます。

色のアクセントとして、靴下を赤にするのも良いですね。

 

膝上くらいのロングコートを着る場合は、すでに腰はある程度隠れています。

そのため、腰の位置を判断する材料として「インナーとボトムスの境目」が目立ち、デニムジャケットの丈が長いと逆に短足に見えてしまう。

 

このコーデの場合、チェスターコートとボトムスの色が両方とも黒なので、股下の位置がわかりにくい。

つまり、デニムジャケットとボトムスの境目のみで足の長さを判断されます

足長に見せるには、着丈の長すぎないデニムジャケットを選びましょう。

 

ヒートテックやマフラーで防寒性アップ

瞬くん
アウターにコートを着ても、真冬じゃさすがに寒くないの?

確かに、ニットやパーカーに比べるとデニムジャケットはやっぱり寒いですもんね。

 

でも、大丈夫です。

寒さはヒートテックやマフラーでカバーしましょう。

 

ヒートテックを着れば、着膨れせずに防寒性を上げることができます。

また、マフラーを身に付ければ、首元からの冷たい空気の侵入を防ぐことができますし、何よりファッションのアクセントにもなってくれます。

 

http://wear.jp/genji/5950220/

マフラーの色は、全体の雰囲気に合わせて暗めのトーンにしておきましょう。

また、暗めのトーンかつシンプルなデザインであれば、赤(ボルドー)にしても良いですね。

 

このように、コートに明るめの色を持ってきた場合は黒いマフラーも悪くないですね。

コーデ全体で使う色は基本的にモノトーン(白、グレー、黒)+1〜2色(このコーデの場合、ベージュとブルー)にしましょう。

あまり色を使いすぎてもごちゃごちゃしてきてダサくなってしまいます。注意しましょう。

 

 

まとめ

デニムジャケットはとにかくカジュアル要素が強いので、なかなか着こなしが難しいです。

だからといって、着ないのも勿体ないですよね。

 

全体をシンプルにモノトーンでまとめることでカジュアル感を抑えて、おしゃれに着こなすことができます。

冬でもデニムジャケットに活躍してもらいましょう。

スポンサーリンク


-デニムジャケット

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.