トレンドの宝石箱!カーキのトレンチコートをメンズが着こなす方法

更新日:

瞬です。

秋はアウターが多くてファッションがとても楽しい季節ですよね。

ニットやカーディガン、テーラードジャケットなどの定番どころもいいですが、今回はちょっと変わり物を紹介したいと思います。

と言っても、そんな奇抜なアイテムとかでもなんでもなく、むしろトレンドアイテムです。

カーキのトレンチコートですね。

 

 

スポンサーリンク

カーキのトレンチコートはトレンドの宝石箱

どこぞのグルメリポーターみたいな見出しを使ってしまいましたが、とりあえずトレンド追うならカーキのトレンチコートです。

まず、カーキがトレンドカラーであることは疑いようのない事実ですよね。

 

少し前に街中がカーキに染まっていた時期がありましたが、その頃に比べれば少し落ち着いたような気はします。

ですが、今年の秋もミリタリーアイテムのトレンドは根強く続きます。

また、トレンチコートと言われて大半の人がまず想像するのが、ロング丈のものだと思います。

ショート丈のものももちろんあるんですが、やっぱりこのボリューム感を利用したYラインのビッグシルエットを作るのが定番ですよね。

この辺りはまた後ほど解説します。

 

そして、このビッグシルエットも昨今のメンズファッションのトレンドであることは間違いありません。

つまり、カーキのトレンチコートは「トレンド×トレンド」の、まさにトレンドの宝石箱なわけです。(決まった。笑

 

何も考えずにトレンドだけを追うファッションは僕は好きではありませんが、全く気にしないのも問題です。

トレンドのファッションはそこまでおしゃれではなくても「今ドキのファッション」と思ってもらえますが、トレンドからあまりにも外れると「時代遅れのファッション」と思われておしまいですからね。

ここはバランスを考えてってとこでしょうか。

 

 

丈の長さでコーデはガラリと変わる

トレンチコートは、丈の長さがポイントです。

ここが変わると一気にコーデのイメージが変わりますし、着こなしも全然違うものになります。

基本的には、ロングだとキレイめ、ショートだとカジュアルめのスタイルになります。

ちなみに、大体膝より下までの丈だとロング丈と言えると思います。

逆にショート丈は、膝より上、お尻より下あたりですかね。

 

トレンチコートはキレイめでもカジュアルでもおしゃれなので好みですが、僕はせっかくトレンチコートを着るならビッグシルエットスタイルを楽しみたいので、ロング推しですね。

特にカーキはミリタリーカラーで、かなりカジュアル寄りなので、ショートにすると少しカジュアル感が出すぎてしまう気がします。

それこそ本当に軍隊っぽくて、そういうのが好きならいいんですけどね。

 

 

インナーは何を合わせればいい?

秋冬コーデは、アウターよりもむしろそれに合わせるインナーにどれだけ気を配れるかが勝負だと思ってます。

トレンチコートは、秋から冬まで着れる時期が長いので、インナーの枚数別に紹介していきたいと思います。

 

インナー1枚の場合

まだ残暑がある9月、10月上旬あたりは、インナー1枚の上にトレンチコートを羽織るパターンが多いですよね。

この場合、合わせるインナーはとても簡単です。

二種類しかありませんからね。

白Tシャツと白シャツです。

 

色まで限定してしまいましたが、本当にこの二種類に抑えておくことをおすすめします。

実は、「アウター1枚+インナー1枚」の秋コーデにおいて、インナーの選択肢はこの二種類以外ほぼありえないんですよね。

 

白Tシャツだとカジュアルめですっきり決まりますし、

白シャツならキレイめでカッチリとした印象ですね。

 

もう一度言います。

難しいことは考えず白Tか白シャツ買ってきてください。

他のインナーや色を使うのは自由ですが、それでおしゃれなコーデを作るのははっきり言って至難の業です。

 

インナー2枚の場合

11月に入ると、そろそろ重ね着してかないと寒くなってきますよね。

この場合、「アウター+インナー」のコーデにもう一枚、インナーのインナーとして下着を入れることになると思います。

インナーのインナーがあることで、ニットなどの毛物を着ることができるので、選択肢がグンと広がりますね。

ニットを地肌に着るわけにはいきませんから。

 

インナーのインナー自体はコーデの邪魔をしなければなんでもいいんです。タンクトップでもいいですし、ヒートテックなんて便利なものも今はありますしね。

実際にいくつか着こなしを見てみましょうか。

 

シンプルに白ニットを合わせるのもいいですし、

トレンドであるタートルネックのニットも秋冬っぽくて良いですよね。

 

個人的におすすめなのが、パーカーを合わせたコーデです。

パーカーは、それ一枚では少し子供っぽくなりがちなアイテムですが、秋冬のアウターのインナーとしてはとても万能なんです。

特に、トレンチコートのボリューム感と首元からたっぷり出したフードで作るYラインシルエットは、極上の大人っぽさを演出してくれます。

 

他にも上級者向けですが、テーラードジャケットと合わせたコーデもあります。

黒なんかだとカーキのカジュアル感をいい感じに締めてくれますね。

 

 

まとめ

カーキのトレンチコートは、決して一般的なアイテムってわけではありません。

トレンチコートを着るとなれば、ベージュやネイビーなどを選ぶ人が多く、その方が着こなしも無難であることは間違いありません。

だからこそ、カーキのトレンチコートはこれ以上ない差別化を図ることができるわけです。

うまく差別化が出来ると、あなたもおしゃれ上級者です。

スポンサーリンク


-トレンチコート

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.