1枚でおしゃれになれる開襟シャツは夏のトップスにぴったりすぎる

質問です。

夏と冬、どっちの方がメンズファッションって難しいと思いますか?

 

冬の方がアイテム数多くて複雑だし、何着れば良いか分からないし。

夏だったら、とりあえずTシャツ着ておけばなんとかなるしな。

一見、そう思ってしまうかもしれませんね。

 

でも実はこれ、意外と夏ファッションの方が難しかったりするんです。

アイテム数が少ないからこそ、少ないアイテム数で「おしゃれっぽく」見せないといけない。

 

今回は、そんなメンズの夏コーデをおしゃれに見せるためのアイテムを紹介したいと思います。

1枚でおしゃれになれる開襟シャツは、夏のトップスにぴったりすぎる。

 

こんなあなたに読んでほしい

夏コーデをおしゃれに見せる方法を知りたい。

 

 

夏のメンズコーデはシンプルになりすぎる

夏コーデ。

夏本番に入ったらとにかく暑くておしゃれどころではなくなるんで、基本的にはトップス1枚が前提になる。

そうすると、どうしてもアイテム数は他の季節と比べると少なくなってしまうんですよね。

 

これを「楽」と取るか、逆に「難しい」と取るかは人それぞれですけど、

コーデがシンプルになりすぎてしまう。

これだけは確かですね。

 

でもメンズファッションって、シンプルイズベストなんでしょ?

それはそうなんですけど、やっぱりコーデを見たときの「パンチ」っていうか、「インパクト」っていうか。

この人おしゃれだなぁって思ってもらえるためには、それなりに印象に残るものではなくてはいけない。

だからメンズの夏コーデは、時計やネックレスのような小物で勝負する人が増えるんですね。

 

でもやっぱり、コーデの主役であるトップスの主張を強くする。

どれだけ小物に凝ったところで、これに勝るものはないでしょう。

 

 

開襟シャツは1枚で簡単におしゃれっぽさを出せる

開襟シャツってこういうやつ。最近よく見ますよね。

普通のシャツとは違って「襟が開い」ていて、ドロップショルダーのデザインのものが多い。

まさに今っぽいシルエットですね。

 

これがほんとに、夏のトップスとして優秀すぎる。

なんと言っても、1枚で簡単におしゃれっぽさを出せるんです。

 

1枚と言ってももちろんシャツなんで薄いインナーは必要ですけど、ここは薄い白インナーで全く問題ない。

デザインの入ったインナーにすれば前を開いた状態でのバリエーションも出ますし、「シンプルになりすぎる」対策にもなる。

 

あと開襟シャツ自体、デザインがめちゃくちゃ幅広いんですよね。

  • 定番の無地
  • おしゃれっぽさを出せるストライプやチェック
  • 攻めの派手柄

正直、開襟シャツだけでも違うバリエーションで3枚くらい持ってて良いんじゃないでしょうか。

 

 

他の季節はインナーとして大活躍

もちろん、開襟シャツは夏だけのアイテムではない。

インナーとして使うんですね。

春秋は上にジャケットを、冬はコートを羽織ればこれまた簡単にコーデを格上げできます。

 

シャツの何が良いって、やっぱり「上品さ」なんですよね。Tシャツよりもキレイめ感を出せる。

でもだからと言って普通のドレスシャツは、正直最近のトレンドからはかなり外れてしまう。

 

開襟シャツは、キレイめ感を出しながらトレンドもしっかり掴んでる。良いとこ取りのアイテムなんです。

インナーとして使うと、普通のTシャツよりも圧倒的におしゃれっぽさを演出できます。

 

 

まとめ

1枚でおしゃれになれる。

それってシンプルなメンズファッションにおいては、めちゃくちゃアドバンテージなんですよね。

アイテム数が減る夏コーデは特に。

 

最初はまず、シンプルな無地で開襟シャツの良さを存分に味わってください。

一発で虜になっちゃいます。

-シャツ

© 2021 メンズファッションの掟