私服のテーラードジャケットはシャツ出しがベストである理由

投稿日:

瞬です。

メンズの定番アイテムの一つであるテーラードジャケット。

買ってみたは良いものの、いざ着るときに必ずと言っていいほど出てくる疑問が、「インナーのシャツはインするのか?」ってやつ。

 

結論から言うと、私服のテーラードジャケットはシャツ出しスタイルが正解です。

今回は、私服のテーラードジャケットはシャツ出しがベストである理由と、シャツ出しジャケットコーデをカッコよくする2つのコツを解説します。

この記事を読むとどうなる?

適度な抜け感のあるカッコイイジャケットコーデを作れるようになる。

 

 

スポンサーリンク

私服のテーラードジャケットはシャツ出しがベストである理由

テーラードジャケットは、いわば私服で着るスーツです。

女子モテには必須要素である「キレイめ」スタイルを誰でも簡単に作れるところが、人気の一つですよね。

 

ですが、ファッションはTPOが重要です。

ビジネスウェアにはビジネスウェアの、私服には私服のファッションがあります。

http://wear.jp/zizz/8785368/

デートの待ち合わせ場所に行ったら、彼氏がこの格好で立っていたとしたら、女の子は戸惑ってしまいます。

「仕事じゃないんだから・・・。」って話です。

 

http://wear.jp/080813/9994255/

私服で着こなすには、「テーラードジャケットのキレイめ要素を生かしながら、程よく抜け感をプラスすること」が重要なんですね。

つまりは、私服っぽく見せることができれば良いわけです。

 

さて、ここで質問。

「テーラードジャケットを私服で着こなす場合、インナーのシャツの裾は入れるか出すか。」

もうお分かりですよね。出すのが正解です。

 

キレイめアイテムであるテーラードジャケットを、ご丁寧にタックインなんてしてしまったら、どう見てもビジネスウェアにしか見えません。

シャツを出してあげることで、適度な抜け感がプラスされて、テーラードジャケットを私服らしく着こなすことができるわけです。

 

 

シャツ出しジャケットコーデをカッコよく見せる2つのコツ

ただ、「抜け感」は加減が大切。

抜けすぎると、ただの「だらしない格好」になってしまいます。

 

適度な抜け感で、シャツ出しジャケットコーデをカッコよく見せるには、2つのコツがあります。

どちらもとても基本的なことなので、しっかりと覚えて帰ってくださいね。

 

着丈はベルトが隠れるくらい

着丈とは、裾の長さのことを言います。

シャツをインする場合は気にしなくても良いですが、シャツ出しコーデの場合は、着丈がとても重要になります。

 

http://wear.jp/oookakun/8256685/

テーラードジャケットのインナーシャツの着丈は、ベルトが隠れるくらいがベストです。

ジャケットは、シャツよりも少し着丈が短めの方が良いですね。

アウターの着丈はインナーよりも短くなるのが基本です。

 

仕事で使うカッターシャツなどはタックイン前提なので着丈が長めに作られていますが、私服で着るカジュアルシャツは着丈が様々です。

短すぎても長すぎてもだらしなく見えてしまうので、試着の際には入念にチェックするのを忘れないでくださいね。

 

ジャケットのボタンは留めない

http://wear.jp/genji/8111520/

また、私服でテーラードジャケットを着る場合、ボタンは基本的には留めません。全開けです。

せっかくシャツ出しで抜け感をプラスしているのに、きっちりとボタンを留めてしまっては全く意味がない。

アンバランスすぎて、大抵の場合はダサい着こなしで終わってしまうでしょう。

 

http://wear.jp/densetsunootoko/10083546/

特に、このようにボタンを留めてジャケットにシワができているようなパターンは、個人的に許せません。

どうしてもボタンを留めたいなら、せめてもうワンサイズ大きいジャケットを買うなどの工夫はしてほしいですね。

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • テーラードジャケットはシャツ出しをすることで私服らしい着こなしになる。
  • シャツ出しジャケットコーデをカッコよく見せるには、2つのコツがある。

メンズファッションの掟その弐、「キレイめとカジュアルのバランスを取る」は、メンズファッションにおいてとても重要なポイントです。

 

「キレイめとカジュアルのバランス」は、アイテムやカラーなど様々な方法で取ることができますが、「着方」もその一つ。

「シャツを入れるか出すか」や「ボタンを留めるか留めないか」も、立派なファッションの要素であると言えるわけです。

スポンサーリンク


-テーラードジャケット

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.