女子ウケ抜群!白ニットと白シャツのコーデがモテる理由とポイント

更新日:

瞬です。

突然ですが、

「モテたいですか!なら白ニット着ましょう!!」

ってとこから入りますね。笑

 

服が変わったくらいで女の子が振り向くなら誰も苦労しないんだよって思うかもしれませんが、案外振り向きます。

特に白ニットは、女子ウケという観点から見ると最強アウターなんじゃないか?って思ってます。

秋のおすすめメンズコーデは、「白ニット×白シャツ」です。

 

 

スポンサーリンク

白ニットと白シャツのコーデがモテる理由

なぜここまで「白ニット×白シャツ」コーデをおすすめするのか?

「難しいことは考えず白ニットと白シャツ合わせとけ!」と言いたいところですがそれじゃ納得できませんよね。

もちろん理由があります。

 

白ニットは爽やかさと優しさを兼ね備えたアイテム

恐らく、今の時代ではなく数十年前のファッションセンスだと、白ニットはどちらかというとダサいファッションになっていたと思うんです。

昭和の女性は、男に「優しさとか爽やかさ」より「強さや頼りがい」を求めていたからなんですよね。

 

対して平成の時代は、「草食系男子や優男」と言ったワードに見られるように、優しくて爽やかな雰囲気の男性に惹かれる女性が増えているんです。

癒し系男子とでも言いましょうか。

 

そして白ニットは、見事にそのニーズを叶えてくれたんですね。

白というこれ以上ないくらい爽やかな色と、ニット素材という包み込んでくれそうな優しい雰囲気。

それだけで

「あ、抱いて。」

となるなら本当に誰も苦労しませんが、プラス要素になることは間違いありません。

 

白シャツは主役を引き立てるための最強の脇役

では、なぜインナーは白シャツが良いのか。

それは、ニットの良さを最大限に引き出すためです。

もちろんこのコーデも悪くはないとは思います。

ですが、僕から言わせると少しもったいないなぁと思うんですよね。

白ニットの良さを生かしきれていない。

 

白ニットはできることなら地肌に着てその何も入る隙のない白の爽やかさとニット生地の優しさを前面に押し出すべきなんです。

なのに、デニムシャツなんていう主張の強いアイテムをインナーに着てしまうと、とてもごちゃごちゃする。

余計なものになってしまっています。

白シャツは、なにも特徴がないところが特徴なんです。

上手いこと使ってあげましょう。

 

 

ボトムスはなにを合わせればいい?

アウターとインナーが決まれば、あと考えなければいけないのがボトムス。

ここは、少しいつもと違います。

個人的には、白シャツに合わせるボトムスはデニムが断然おすすめです。

しかし、もちろん僕もいつも言っている通りメンズのボトムスには黒がベストなのは間違いありません。

 

しかし恐らく、深く考えずに白ニットと黒パンツを合わせると、こういうモノトーンコーデが出来上がる人が多いと思います。

このコーデは確かにおしゃれです。

ただし、イケメンに限る。

 

コーデがシンプルであればあるほどごまかしが効かなくなり、ルックスやスタイルの問題が出てきてしまうんですよね。

だからと言って、白ニットコーデはシンプルにまとめたいので派手なカラーパンツを履くわけにもいかない。

となると、デニムが派手すぎず、かつシンプルすぎないちょうどいいチョイスになるわけです。

 

もちろん、黒パンツを合わせる場合でも工夫次第でおしゃれなコーデを作ることはできます。

赤の靴下でさりげなく挿し色を入れてみたり、

茶色のガチャベルトなんかもトレンドだし良いですよね。

 

このあたりのセンスに自信がない人は、とりあえず無難にデニムを合わせてみることをおすすめします。

 

 

まとめ

秋なのに白ニットを一枚も持ってない?

そんな人は今すぐ買ってきてくださいね。

モテたくないんですか?暖かい白ニットで女の子を暖めてあげたいと思いませんか?

これであなたも明日から爽やか白ニット男子です。

スポンサーリンク


-ニット

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.