ファッションが分からないメンズはまず「脇役アイテム」から揃える

更新日:

瞬です。

 

ファッションに無頓着な人って、大きく分けると2種類います。

  • そもそもファッションに全く興味がない
  • ファッションに興味はあるけど、何から始めたら良いのか分からない

 

僕は、「そもそもファッションに全く興味がない」人を無理にどうこうしようとは思っていません。

もちろんできることならこのブログを通して、少しでもファッションに興味を持ってもらえたら嬉しいですが。

 

でも今回お話したいのは、2つ目の人。

興味はあるけど何から始めたら良いのか分からない。

こっちですね。

 

ちょっと興味を持って服を見に行ってみたものの、どのアイテムから買えば良いのか分からない。

適当に気に入ったやつ買って適当にコーデ組んでみたけど、全然おしゃれな感じにならない。

 

そんなメンズはまず、

「脇役アイテム」を揃えること。

ここから始めましょう。

 

こんなあなたに読んでほしい

  • ファッションに興味はあるけど、何から始めたら良いのか分からない
  • なかなかおしゃれなコーデが作れない

 

 

スポンサーリンク

メンズファッションにおける「脇役アイテム」

メンズファッションにおける「脇役アイテム」。

それはつまり、コーデの中で「脇役」を担うアイテムのこと。

そのままですね。

 

例えば、このコーデ。

このコーデの中で、1つだけ「主役」を挙げるならどのアイテムだと思いますか?

 

まぁこれを見てパーカーが主役だって言う人は、100人に1人いるかいないかでしょう。

ほぼ全員が、アウターであるベージュのコートが主役であると言うはず。

どう見てもコーデの中で一番目立ってるのはこのコートだから、直感的にそう感じるのが自然です。

 

となると、必然的に「脇役アイテム」は他のアイテムってことになる。

 

  • グレーパーカー
  • 白Tシャツ
  • 黒スキニー
  • 白ソックス
  • 黒のシューズ

そうなんです。これらは全部、基本的にはコーデの中で「脇役」を担います。

 

だって、特徴が少ないから。

白Tシャツって言ったらもう白で無地のTシャツしかないし、黒スキニーって言ってももう黒の無地のスキニーしかない。

それ以上デザイン性を求めないんですよね。

 

でも特徴が少ないっていうのは、メンズファッションにおいては大きなメリットになり得る。

  • シンプルすぎて誰が着ても似合う
  • 主張しないから、どんなコーデにも合わせられる。

 

https://wear.jp/sasatoshi/12079544/

つまり極論、「脇役アイテム」だけでコーデを作ったとしても、そうそうダサくなったりはしない。

これでダサくなったとしたら、それはアイテム選びを間違えてそもそも脇役になっていないか、あるいはサイズ感を間違っているかのどちらか。

 

おしゃれ初心者ほどこういう脇役アイテムをすっ飛ばして、自分の気に入った主張の強いアイテムを買いがちなんですよね。

そんなもの自分に似合ってるかどうか最初は分からないし、コーデに合わせる難易度もその分高くなってくる。

 

ファッションが分からないメンズが最初にすることとして1つだけ正解らしいものを挙げるなら、

とにかくまず「脇役アイテム」を揃える。

これは間違いありません。

 

 

最初は脇役アイテムをベースに1つだけ「主役」を入れる

でもさ、こんなシンプルな誰でも持ってるようなアイテムだけ着てても全然ファッション楽しめなくない?

そりゃそうですね。ちっとも楽しくない。

でも逆に言えば、誰でも持ってるようなアイテムすらも持っていない状態では、いつまで経っても「おしゃれ初心者」から抜け出せない

 

まず、脇役アイテムを一通り揃える。

正直、これができるだけで既におしゃれ偏差値は50を超えてます。日本人の平均より上に行ける。

 

そこをクリアして、やっと次の段階。

最初は、脇役アイテムをベースに1つだけ「主役アイテム」を入れるんです。

 

さっきのコーデだって、そうやって作ってる。

コーデのベースを脇役アイテムで固めてるから、自分のお気に入りの少し主張の強いコートが「主役」として輝くんです。

 

脇役アイテムさえしっかり固めておけば、こういう主役の戦闘力が高いコーデだってそれなりにまとめることができる。

これでもしボトムスが柄パンツだったりしたら、ちょっとうるさいコーデになっちゃうはず。

 

と言ってももちろん、おしゃれ中級者くらいになってきたら主役を2つ、3つと入れることも可能です。

コーデの中での「バランス感覚」が付いてきますからね。

 

ただ、初心者のうちはまず1つだけ。

ここまでできれば、あなたは十分にメンズファッションを楽しむことができます。

 

ちなみにこの主役アイテムは、自分が「一目惚れ」した本当にお気に入りのアイテムにすることです。

 

 

まとめ

これだけは伝えたい

  • 「脇役アイテム」さえ揃えれば、それだけで平均以上のファッションはできる
  • そこをベースに「主役アイテム」を1つだけ入れれば、十分にメンズファッションを楽しめる

何事にも「基礎」ってやつがあるんです。

メンズファッションで言うなら、「脇役アイテムを揃える」ことがまさにその基礎であると言える。

 

メンズファッションの王道のパターンなんて、もう決まりきってるんです。

「モテたいからせめて70点くらいのファッションはしたい」って言うなら、正直この基礎だけ固めておけばなんとかなる。

 

もちろん僕はファッションが好きだから、そんな表面だけ齧って満足してほしくはないですけどね。

でもそれで「ダサいファッション」から「清潔感のあるファッション」くらいまでは上がれるわけだから、大きな成長です。

スポンサーリンク


-ファッション哲学

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2019 All Rights Reserved.