【20代向け】女子ウケがいいメンズファッションブランドを系統別に紹介!

仕事や大学、プライベートなど様々な環境に合わせた服を着ることが多くなる20代ですが、

「服のレパートリーを増やそうにもファッションブランドが多すぎて、どれを選べばいいのか分からない!」

こんな悩みを抱えている20代の男性も多いはず。

ただ、やみくもにハイブランドに手を出してしまい、その結果失敗してしまうことは避けたいですよね。

そこで、今回は系統別に女子ウケがいいメンズファッションブランドを紹介します。

 

ブランド選びのポイントを紹介

ブランド選びのポイントになるのは、主に下記の2点です。

・服の系統に合うブランドを選ぶ

・異なるブランドをミックスすることを意識

まず、大切となるのが「服の系統に合うブランドを選ぶこと」

ファッションには様々な系統があるように、ブランドにも系統に沿った特長があります。

そのため、ブランドの特長を知り、自分の着たい系統に合わせることがブランド選びの大切なポイントとなります。

また、自分の着たい系統が定まっていないという人は、こちらの記事で詳しく系統について紹介しているので、是非読んでみて下さい。

続いて大切となるのが「異なるブランドをミックスすることを意識すること」

ブランドは大きく「ファストファッションブランド」の「スローファッションブランド」の二つに分かれています。

ファストファッションブランドとは、大量生産で低価格かつ流行を抑えたブランドのことで基本的には1シーズンくらいでどんどん変えていきます。

対して、スローファッションブランドとは、価格が高い分、質が高いブランドのことで基本的には何シーズンに渡って長く着ることができます。

この二つのブランドをかけ合わせることが、オシャレを楽しむ重要なポイントだと思います。

どうして、かけ合わせるといいのか。

それは、それぞれのブランドの良い所、悪い所を互いに補ってくれるからです。

ファストファッションブランドは安価で大量生産されているために、服の個性が出しづらくなっています。

逆に、スローファッションブランドは高価ですが、その分こだわりがあり服の個性が強くなっています。

この二つのブランドの特徴をうまくミックスすることで、予算を抑えつつ、レパートリーを増やすことが出来ます。

【コスパ最高】おすすめのファストファッションブランドとその特徴を紹介

基本的にファストファッションブランドは、一般的に知名度が高く、なじみ深いブランドが多いでしょう。

中には、このようなファストファッションはおしゃれとほど遠く感じている人もいるかもしれませんが、近年の高品質化でおしゃれ上級者でも愛用している人は多いです。

その理由として、シンプルゆえに様々な系統のアイテムと合わせやすいことが挙げられます。

そんなファストファッションブランドのおすすめとその特徴について紹介していきます。

 

UNIQLO(ユニクロ)

「究極の普段着」をコンセプトを持っており、最先端のトレンドを追うというよりは、基本的なトレンドを抑えた高品質な普段着を揃えています。

また、非常にシンプルなデザインが多いため、様々な系統の服とかけ合わせることが出来ます。

最近では、一流デザイナーとのコラボアイテムが増え、デザインやシルエットにトレンドが反映されているものもあります。

 

無印良品

UNIQLOと同様トレンドをあまり追わず、デザインやシルエットなどシンプルなものを揃えています。

無印良品では素材にこだわりが強い点が大きな特徴となっています。

また、ワンランク上のアイテムを揃える「MUJILABO」というものがあり、こちらではトレンドを追ったアイテムがあるため、こちらもおすすめです。

 

GU(ジーユー)

素材というより、デザインやシルエットにトレンドを細かく反映したアイテムを非常に低価格で揃えています。

ファストファッションブランドの中でもかなり安いブランドとなっています。

 

ZARA(ザラ)

海外のハイブランドをオマージュしたアイテムを多く揃えています。

そのため、トレンドがかなり反映されており、ハイブランドっぽいアイテムをコスパ良く取り入れることが出来ます。

 

【女子ウケ抜群】系統別におすすめのスローファッションブランドを紹介

続いて、スローファッションブランドの選び方について紹介します。

ここで重要となるのが、系統にあったブランド選びです。

スローファッションブランドはこだわりが’強いため、様々な個性を組み合わせてしまうと系統が定まらず、ダサく見えてしまいます。

きれいめ&きれいめカジュアル

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

 

年齢層20代~50代
価格帯【トップス】5,000~50,000円

【ボトムス】10,000~50,000円

【アウター】15,000~150,000円

概要セレクトショップ御三家の一つと言われるほど、若者から大人まで非常に人気のあるブランド。

年代や価格帯によってブランドが分けられており、低価格帯ではcoen、家族向けはgreen label relaxing、若者向けはBeauty&Youth、大人向けに本家UNITED ARROWSのようにコンセプトが分かれていることが挙げられます。

全体的にきれいめ系統の王道ブランドで、ベーシックなアイテムを数多く揃えているため、女子ウケがとにかく良いです。

 

NANO UNIVERSE(ナノユニバース)

年齢層20代~30代
価格帯【トップス】5,000~20,000円

【ボトムス】5,000~20,000円

【アウター】15,000~

概要価格帯はUNITED ARROWSと比較すると少し安めになっているため、若者を中心に非常に人気のあるブランドです。

おしゃれ王道のきれいめカジュアル(きれカジ)系統のアイテムが多いため、女子ウケ間違いなしです。

 

JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)

年年齢層10代~30代
価格帯【トップス】5,000~25,000円

【ボトムス】5,000~20,000円

【アウター】15,000~

概要NANO UNIVERSEより少しカジュアルよりなブランドです。

シンプル&ベーシックなアイテムが多く、着るだけで大人っぽく見えるため、落ち着いた雰囲気を出すことが出来ます。

カジュアル

BEAMS(ビームス)

年齢層20代~30代
価格帯【トップス】10,000~40,000円

【ボトムス】5,000~50,000円

【アウター】20,000~

概要アメリカンカジュアル(アメカジ)を基本としたコーディネイトを提案するセレクトショップ。

多くのトレンドを発信するブランドでもあり、アイテムの質も高いです。

※セレクトショップは、取り扱いブランドによって価格帯に大きな幅があります。

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

年齢層20代~30代
価格帯【トップス】4,000~40,000円

【ボトムス】5,000~20,000円

【アウター】10,000~60,000円

概要他のセレクトショップと比較すると、低価格ながらもトレンドを意識したアイテムを多く取り揃えているのが特徴です。カジュアルからフォーマルまであらゆるシーンに対応した自社ブランド展開をしています。

※セレクトショップは、取り扱いブランドによって価格帯に大きな幅があります。

SHIPS(シップス)

年齢層10代~40代
価格帯【トップス】5,000~30,000円

【ボトムス】5,000~20,000円

【アウター】5,000~100,000円

概要トラディショナルな要素を、現代風にアレンジしたアイテムを多く発信するセレクトショップ。悪目立ちしない為、程よいオシャレ感を演出できます。

子供から大人まで幅広い年齢層をターゲットにしていて、ブランド展開も豊富。

※セレクトショップは、取り扱いブランドによって価格帯に大きな幅があります。

ストリート

STUSSY(ステューシー)

年代20代~30代
価格帯【トップス】7,000~25,000円

【ボトムス】15,000~30,000円

【アウター】25,000~40,000円

概要ストリートブランドの代表とも言えるブランド。サーファーから始まったブランドで、一時期はプレミアがつくほどの人気があったようです。

ブランドのきっかけとなったTシャツ以外にも、ボトムスやアウターなど多くのアイテムを展開中。

FTC(エフティーシー)

年代10代~20代
価格帯【トップス】5,000~15,000円

【ボトムス】15,000円前後

【アウター】15,000~30,000円

概要スケーター用のアイテムから始まったブランドで、アクティブな動きにも対応できる伸縮性のあるデニムや、耐久性がポイント。

現在はサブカルチャーやアートを取り入れ、よりアパレルな印象を持つブランドに成長しています。

アメカジ

TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)

年代20代~40代
価格帯【トップス】5,000~20,000円

【ボトムス】5,000~20,000円

【アウター】20,000~50,000円

概要アメリカ初のブランド。伝統的なアメリカン要素を維持しつつ、都会的かつスポーティなデザインが特徴です。

価格帯が低めで、手がけているアイテム数も多いので、何か欲しいアイテムがあれば、探してみるのもおすすめ。

LEVI’S(リーバイス)

年代20代~40代
価格帯【トップス】5,000~15,000円

【ボトムス】8,000~30,000円

【アウター】10,000~40,000円

概要ジーンズの代名詞とも言われる「リーバイス」。501や505,517といった基本的なモデルのジーンズを始めとして、多くのデニムパンツを取り揃えているブランド。

シャツやジャケット等のトップス、アウター類も多く取り揃えています。

GUESS(ゲス)

年代10代~30代
価格帯【トップス】5,000~15,000円

【ボトムス】10,000~20,000円

【アウター】10,000~20,000円

概要セレブも利用するブランドとして有名なわりに、価格は低く抑えてあり手を出しやすいブランド。

ロサンゼルスを拠点にしていて、アパレルだけでなくアクセサリーまで豊富に取り揃えています。

モード

 UNITED TOKYO(ユナイテッドトーキョー)

年代20代~30代
価格帯【トップス】10,000~15,000円

【ボトムス】10,000~20,000円

【アウター】10,000~35,000円

概要STUDIOUS(ステュディオス)を手がけているTOKYO BASEのブランドの一つ。大人っぽさを演出しやすいモード系統のブランドです。

ベーシックなアイテムが多いものの、トレンドがしっかりと抑えてあり、価格帯もそこまで高くないので利用しやすいブランドです。

 rehacer(レアセル)

年代10代~30代
価格帯【トップス】5,000~20,000円

【ボトムス】10,000~20,000円

【アウター】15,000~25,000円

概要ベーシックなデザインを抑えつつも、フラワーマークに代表されるような、ワンポイントに遊びを効かせたデザインが特徴的なブランド。

古着のようなユーズド感や、モードテイストがあわさった独創性の高さも魅力です。

まとめ

20代におすすめのブランド紹介はいかがだったでしょうか?

20代は学生生活や新たに始まる社会人生活など環境の変化が多い年代といえます。

TPOにあわせた服装や、普段着、いざという時の決め手となる服など、様々な服選びにぜひ当記事の情報を役立ててください。

また、色々な服を一度に揃えるのは難しい!という場合には、ファッションレンタルサービスを活用してみるのもおすすめです。

読まれている記事

1

瞬です。 メンズのトップスとしてシャツを着ることって多いと思いますが、その中でも英字がプリントされたTシャツってよく見ますよね。 もしあなたが英字入りのTシャツを頻繁に着ているとしたら、周りから「ダサ ...

2

瞬です。 メンズのシャツのカラーバリエーションはたくさんありますが、その中でも白と黒はやっぱり着ている人が多いですよね。 モノトーンだから着回しも良いですし、ちょうど良い具合に大人っぽさを演出できる。 ...

3

瞬です。   最近、サンダルとソックスを合わせるメンズコーデが流行ってるみたいですね。   瞬え、ダサくね・・・? 正直言って、個人的な感想はこうでした。 トレンドって最初は受け入 ...

4

ファッションを勉強しよう。 そう考えた時に、まず何から始めるのが正解なんでしょうか。   テレビや雑誌でファッションを学んでみたり。 とりあえず手軽なユニクロやGUに行ってみたり。 &nbs ...

5

瞬です。 瞬男はバッグなんか持つな!手ぶらが一番かっこいいんだ!   とても気持ちはわかります。   ですが、携帯に財布にって物を入れてパンパンになったポケットほどダサいものはあり ...

6

瞬です。 日本人のファッション、特にメンズのファッションが世界各国からどういう風に思われているかご存知ですか? 「日本人のファッションはダサい。」 これはもはや世界の常識になりつつあります。 &nbs ...

7

瞬です。 ジーパンといえば、一般的にメンズのボトムスとしては最も定番なアイテムなんじゃないでしょうか。 誰が着ても、どんな服に合わせても似合う、そんな万能アイテムだと思い込んではいないでしょうか。 & ...

8

瞬あーおしゃれになりたいけどどこでどんな服買えば良いのかさっぱり分からん!!! とまぁ、このブログはそういうメンズにおしゃれ理論を習得してもらうためにあるんですけど。 今回はちょっと別の切り口から入っ ...

9

瞬です。   おしゃれなメンズなら、絶対に1着は持っているであろう超ベーシックなアイテム、パーカー。 おしゃれなメンズのクローゼットにはグレーパーカーがある。   タイトルに「知ら ...

10

瞬です。 メンズの皆さん、普段白パンツって履きますか? これ、爽やかで夏にぴったりなアイテムだと思われがちですが、実はかなり危険なアイテムだって知ってましたか?   メンズの白パンツは上級者 ...

-メンズファッション

© 2021 メンズファッションの掟