オシャレの基本!チノパンで作るメンズコーデ 5選【2017夏】

更新日:

瞬です。

普段ボトムスは何を履いていますか?

メンズのボトムスはレディースほど種類が多くなく、コーデ全体としてもあまり深く考えてない人が多いんじゃないでしょうか。

 

メンズは無難にチノパンって人が一番多いかと思います。

今回はそんなチノパンを選ぶ時に気をつけるべき3つのポイントと、おすすめのチノパンコーデまで徹底的に解説していきたいと思います。

この記事を読むとどうなる?

メンズコーデのボトムスについて悩むことが無くなる。

 

 

スポンサーリンク

おしゃれなチノパンを選ぶための3つのポイント

基本的に、メンズコーデにおいてボトムスは「守り」の姿勢でいるべきです。

上半身にメインのアイテムがすでに一つあることが多いので、ボトムスに柄物などを持ってくるとごちゃごちゃしちゃいますね。

 

なので、大前提として絶対に無地のものを選びましょう。

他にも、気をつけてもらいたいポイントが3つあります。

 

黒や紺などのダークカラーを選ぶ

オシャレ初心者に多いのが、

「ボトムスにベージュや白などの明るい色を持ってくる」

という失敗です。

 

失敗とはっきり言ってしまいましたが、もちろんコーデによってはベージュのチノパンを使うことはよくあります。

ですが、実はこれ上級者向けなんですよね。

ベージュや白などの明るい色は膨張色と言って、ダボっとして見えます。

足も短く見えますし、特にスタイルがあまり良くないメンズの場合、かなり「子供っぽく」見えてしまうんですね。

「子供っぽさ」はメンズファッションにおいて致命的です。

 

これを避けるためには、ボトムスには無難に黒や紺などの暗い色を持ってくることをおすすめします。

足長効果もありますし、少なくとも僕はベージュより黒のチノパンの方が格段にコーデが作りやすいですね。

 

メンズパンツはなるべく細身な物を

他にも、メンズのボトムスにスキニーパンツがありますよね。

スキニーは極端に細身で、足長効果、スタイルアップなどの効果が得られます。

 

このようにメンズのボトムスは細身が基本です。

最近はビッグシルエットスタイルのトレンドでワイドパンツなんてものもありますが、それはまた別の話。

 

チノパンの場合も、できるだけジャストフィットで細身のものを選んでください。

ダボっとしたベージュのチノパンなんかは、ダサいメンズコーデの代名詞にもなっていますので、絶対にダメですね。

(さまぁ〜ずさんは芸風の一部としてダボダボパンツを履いているので、決して彼らがダサいと言っているわけではありません。笑)

サイズ感には気をつけましょうってことです。

 

安いブランドで十分

チノパンは、デニムなどと比べると原価が安いです。

ですので、ファストファッションブランドのものでも十分良いものが買えます。

例えば、これ。

 

ユニクロのスリムフィットノータックチノ

すっきり細身でも動きやすい!オンでもオフでも着回し自在のトラウザー風スリムチノ。

引用:ユニクロ

これ一枚でいくらでも着回せます。

ユニクロはボトムスに力を入れているので、ボトムスだけユニクロで安く済ましてトップスにお金をかけるなんてのはうまい使い方ですね。

 

服はなんでもかんでもお金をかければ良いってもんじゃありません。

安くで済ませられるところは抑えて、浮いたお金を力を入れるべき冬のアウターなどに回してあげる。

お金の使い方もファッションの一部だと思うわけです。

 

 

チノパンで作るおすすめメンズコーデ5選

では、実際にコーデをいくつか見てみましょう。

特に黒のチノパンはどんなコーデにも合うということを実感しながら見ていただけると嬉しいですね。

 

お手本のようなコーデです。

白シャツ黒パンツという基本の組み合わせにネイビーのカーディガンを合わせています。

 

出ました足首見せスタイル。

 

ごく普通の黒チノパンでも、半端丈にするだけでなんとも言えないオシャレ感が出ますよね。

また、基本的にメンズコーデでは靴、靴下、ボトムスの色は統一するのが望ましいです。

このコーデは全て着回しやすい黒で統一していますね。

 

こちらはネイビーのチノパンを使ったコーデですね。

「ネイビー+ベージュ」の組み合わせは春夏メンズコーデ鉄板の配色ですので、覚えておきましょう。

白インナーのレイヤードや黒のサンダルが夏らしくて良いですね。

 

これがベージュのチノパンをうまく使えている例ですね。

チノパン以外を全て黒に統一することで、ベージュなのに大人っぽいコーデに仕上げてますね。

むしろベージュのチノパンでコーデ全体をカジュアルダウンしているとも言えます。

 

こういう異質なコーデをこういうところで挙げて良いのかって感じはありますが、敢えてです。

オールモノトーンコーデは決してダサいとは言いませんが、万人受けするものではありません。

 

基本的に黒のチノパンは他の色味アイテムと合わせて初めて使える脇役アイテムなのです。

「モノトーン+1色」の掟はとても大事です。

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • チノパンは、黒や紺などのダークカラーで、細身のものを選ぶ。
  • チノパンは、安いもので十分。
  • メンズファッションの掟はとても重要である。

はっきり言って、メンズコーデにおいてボトムスの種類はなんでも良いんです。

チノパン、スキニー、カーゴ。外から見た印象は大して変わりません。

 

大事なのは、色とサイズ感。

よく分からなければ、とりあえずユニクロ行って黒の細身なチノパン買って来てください。

まずそこからですね。

スポンサーリンク


-パンツ

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.