シングル?ダブル?トレンチコートのボタンの正しい留め方とは

更新日:

瞬です。

トレンチコートは独特の装飾が多くて、いまいち正しい着方が分からないまま着ているって人も多いんじゃないでしょうか?

その中でもボタンの扱いに困る人、トレンチコートに限らずいますよね。

 

全部開けるのか、一部だけ留めるのか、それとも全開けなのか。

結論から言うと、トレンチコートを私服で着るならボタンは全開け一択です。

 

この記事を読むとどうなる?

トレンチコートのボタンの留め方がシチュエーション別で分かるようになる。

 

 

スポンサーリンク

トレンチコートを私服で着るならボタンは留めない

トレンチコートを私服で着るなら、基本的にボタンは留めません。全開けです。

 

トレンチコートは、とてもフォーマルなアイテムです。

ビジネスの場でも着ることの多いトレンチコートは、私服で着ようとするとどうしても「カッチリ」しすぎてしまうっていうデメリットがあるんですね。

 

つまり、トレンチコートの着こなしでは、「こなれ感をプラスしてカッチリ感を抑える」ことがポイントになるわけです。

そんなトレンチコートで、ボタンを全部留めてベルトもしっかり締めてってやってしまうと、一層カッチリしてしまう。

 

http://wear.jp/masuda0514/9535879/

そこで、ボタンを外して前を開けることで良い具合に軽さが出て、モダンでカッコイイ着こなしが可能になるんです。

もちろん前を開けるわけですから、トレンチコート特有の装飾であるベルトも締める必要はありません。

 

トレンチコートを私服でもカッコよく着こなすためのポイントについては、別記事で詳しく解説しています。

 

 

トレンチコートのボタンはシングル?ダブル?

トレンチコートのボタンには、2種類ありますよね。

http://wear.jp/s2306322/6103217/

ボタンが1列のシングルタイプと、

http://wear.jp/kitsunesan/6719142/

2列のダブルタイプ。

 

好みと言っちゃそれまでなんですが、今どっちにするか迷っている人がいるなら、僕は断然シングルをおすすめします。

これも元を辿れば「カッチリ感を抑えること」に繋がるわけですが、単純にダブルよりシングルの方が着こなしが簡単ですね。

 

ライダースジャケットにもシングルとダブルがありますが、こっちの場合でも僕はシングルをおすすめしています。

考え方としてはトレンチコートと同じなので、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

ビジネスの場で着るなら全く別の話

このブログを読んでくださっているメンズは、私服のファッションについて知りたい人がほとんどだと思います。

ですが、もしもビジネスの場で仕事着のアウターとしてトレンチコートを着たい人がいらっしゃるなら、それは全く別の話です。

 

もちろんボタンはしっかりと留めないといけませんし、ベルトもちゃんと締める必要があります。

そうすると、当然カッチリした着こなしになりますが、それでいいんです。ビジネスの場ではそれが正解です。

 

http://wear.jp/room4823/9323311/

と言っても、こういったトレンチコートのフォーマルな着こなしは、例えば20代の男性が着るには少々上品すぎるんですよね。

20代の男性がバーバリーでトレンチコートを買おうとしたら、店員さんに「30代になってからもう一度いらしてください。」なんて言われて断られたって話も聞いたことがあります。

 

このように、ファッションは年齢や立場、シチュエーションなどのTPOも重要です。

特にその服を着るシチュエーションを間違えると、とても恥ずかしい思いをしてしまうことが多いので、気をつけましょうね。

 

 

まとめ

トレンチコートのボタンは、「シングルタイプで全開け」がベストってことですね。

http://wear.jp/genji/9069477/

「それってもうほとんどステンカラーコートと見分け付かないんじゃ・・・。」

まさにその通りです。

結局はトレンチコートのような装飾の多いアイテムよりも、こういったシンプルなアイテムが最近のメンズコーデのトレンドってことですね。

 

実際、街に出てもトレンチコートを着ている人よりも、ステンカラーコートやチェスターコートを着ている人の方が明らかに多いです。

もちろんトレンチコートが時代遅れってわけではないですが、無難に秋冬コートを着たいならもっとシンプルなアイテムから始める方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク


-トレンチコート

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.