カーディガンのインナーはメンズならこの2通り以外ありえないって話

瞬です。

 

春秋にちょうど良いアイテムとして、カーディガンがありますよね。

カーディガンはボタンを外して羽織ることが多いため、インナーがダサいとコーデ全体までダサくなってしまいます。

 

ですが、安心してください。

メンズのカーディガンのインナーにはある鉄則があります。

今回は、春秋にぴったりのアウターであるカーディガンのインナーとその着こなしについて、徹底的に解説したいと思います。

この記事を読むとどうなる?

カーディガンに合わせるインナーに悩むことがなくなる。

 

 

カーディガンに合わせるインナーの2通りとは?

春秋のカーディガンに合わせるインナーは基本的にたった2通りしかありません。

白Tシャツか、パーカーです。

 

メンズコーデには、「メインとなる色を1つ決めてそれ以外をモノトーンでまとめることで、簡単におしゃれなコーデを作ることができる」っていう法則があります。

当サイトで提唱しているメンズファッションの掟その壱、「モノトーン+1色」の法則ですね。

 

カーディガンのポイントはカラーバリエーションであり、一枚一枚が安いので色とりどりのコーデが楽しめることです。

つまり、「モノトーン+1色」の掟に則ると、アウターのカーディガンでカラーを使った時点でインナーはモノトーン以外ありえないわけです。

結果、白のインナーがベストの選択になるわけですね。

 

では、それぞれの着こなしを解説していきます。

 

白Tシャツ

いきなり極端な例を出してしまってちょっと心配ですがその方が分かりやすいので。

こんな派手なイエロー、普通だとメンズが着る物じゃないですよね。

でもカーディガンだと許せてしまう。むしろ秋っぽさが出ててかなりおしゃれだと思います。

 

ですが、それはインナーが白であるからこそ。

白というなんの特徴もない色こそがこの派手めなアウターを引き立ててくれるわけですね。

 

ネイビーも良いですね。個人的に春夏のネイビーカーディガン×白Tシャツのコーデは最強だと思ってます。

要するに白Tシャツならどんなインナーでもいけるってことです。

 

ちなみに僕は、ヘインズの白Tを愛用しています。

メンズの白Tに迷ったら、とりあえずこいつにしておけばまず間違いない。

 

パーカー

https://wear.jp/kose08/22510197/

秋冬になるとさすがに白Tとカーディガンだけじゃ寒いんで、パーカーがおすすめですね。

白ももちろん良いですが、グレーパーカーも使いやすいアイテムです。

 

白パーカーなら、D collectionのパーカー がおすすめです。

 

D collectionは、月間600万PVの「オシャレが学べる」人気メンズファッション通販サイトです。

一応「30代〜40代」がターゲットらしいですけど、僕はむしろ「10〜20代」の男性にこそ試してほしい。一気にコーデが大人っぽくなります。

万が一サイズが合わなくても「サイズ交換・返品無料」という神仕様なので、安心して買ってもらって大丈夫です。

 

 

インナーを挿し色として使う

「モノトーン+1色」の法則に則るなら、「カーディガンが黒とか白のモノトーンの場合はどうなるの?」って思ってる人もいると思います。

もちろんインナーを挿し色として使うコーデもアリです。

黒のカーディガンで黒のインナーを合わせてしまうと重たい雰囲気になってしまうので、ピンクのような淡色をインナーで挿してるわけですね。

ピンクのような上級者カラーを使わずとも、ネイビーなんかでも雰囲気出ます。

 

もちろん単純に白シャツで合わせてモノトーンコーデにしてもかっこいいですよ。

 

ですが、カラーのTシャツとかシャツって意外と持ってない人多いと思うんですよね。

持っててもカラーのインナーはちょっとハードル高いなぁって人には、もう少しハードルを下げたボーダーシャツを試していただきたい。

 

 

ボーダーシャツをインナーに使う

ボーダーTシャツは、これ一枚でも夏のコーデの主役になるくらいおしゃれなアイテムです。

まだ残暑が残る季節だと外でアウターを脱ぎたくなる時も多いと思います。

そんな時にボーダーのインナーだと、これ一枚でもしっかりと主役になってくれるので便利ですよね。

 

こんなシンプルなコーデでも、ボーダーだとめちゃくちゃかっこよく見えませんか?

ボーダーシャツ万歳。

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • カーディガンのインナーは基本的に白シャツか白Tシャツの2通り
  • カーディガンの色によっては、カラーシャツを合わせることもある。
  • ボーダーシャツ万歳。

カーディガンは使い方によっては真夏以外ならいつでも使えて、着回しも良く、何より他のアウターと比べると圧倒的な低価格。

おしゃれなメンズなら最低3枚は持っておきたいアイテムです。

 

ただ気をつけてもらいたいのが、あまり安すぎるカーディガンは危険です。

生地が薄すぎて、風が強い秋なんかに着ると「あれ?本当にカーディガン着てるの?」ってくらい前がヒラヒラします。笑

押さえつけながら歩くのもちょっとスマートじゃないんで、ある程度しっかりした生地のものを選ぶことをおすすめします。

読まれている記事

1

瞬です。   何事も、「マネ」から始まります。 ファッションも同じで、手っ取り早くおしゃれになりたいなら、まずはおしゃれな人のコーデをマネすることから始めるのがもう間違いない。   ...

2

ファッションを勉強しよう。 そう考えた時に、まず何から始めるのが正解なんでしょうか。   テレビや雑誌でファッションを学んでみたり。 とりあえず手軽なユニクロやGUに行ってみたり。 &nbs ...

3

瞬です。 瞬男はバッグなんか持つな!手ぶらが一番かっこいいんだ!   とても気持ちはわかります。   ですが、携帯に財布にって物を入れてパンパンになったポケットほどダサいものはあり ...

4

瞬です。   おしゃれなメンズのクローゼットの中身、見たことありますか?   瞬そりゃおしゃれな人なんだから、カラフルで凡人には着こなせないような服がずらりと並んでるんでしょ? ま ...

5

瞬です。 オタクファッション。それは世にも恐ろしくダサいファッションの総称。 見ているだけでテンションが下がっていく魔のコーデ。   オタクは趣味にお金と時間を使いすぎて服を買う余裕なんて残 ...

6

瞬です。   レイヤードって言葉、聞いたことありますか?   こういうやつですね。インナーの白Tシャツを下からチラッて見せるやつ。   瞬最近よく街で見かけるけど、なんの ...

7

瞬です。 突然ですが、普段ニットを着る時、インナーはどうしていますか?   まさか素肌で着るって人はあまりいないかと思います。 チクチクしますし、セーター自体も長持ちしませんもんね。 &nb ...

-カーディガン

© 2023 メンズファッションの掟