それ、死語かも!?ジーンズとデニムの呼び方の違いを解説する。

投稿日:

瞬です。

 

ファッションに興味を持ち始めたばかりのメンズにありがちな悩みとして、

瞬くん
ファッション用語ややこしすぎ!!

ってのがありますよね。

 

ファッション用語は、主に「若者言葉」です。

こいつはとにかく移り変わりが激しく違いも曖昧であることが多いので、初心者は混乱してしまいやすい。

 

今回は、そんなややこしいファッション用語の中でも特に問題になってるやつ。

「ジーンズ」と「デニム」の違いについて解説していきたいと思います。

 

瞬くん
え、ジーンズとデニムって同じものでしょ?

いいえ、しっかりと違いがあるんです。

 

 

スポンサーリンク

ジーンズは「製品」であり、デニムは「素材」である。

まず、結論から。

 

ジーンズとデニムの違いは、

  • ジーンズは「製品」
  • デニムは「素材」

であること。

 

要するに、

ジーンズはこれだけど、

 

デニムはこれなんです。

 

ジーンズにはジーンズしかありませんが、デニムには「デニムシャツ」や「デニムジャケット」があることを考えると分かりやすいんじゃないでしょうか。

 

デニムはあのブルー系の「素材」自体を指すので、その素材で作られたシャツやジャケットも全て「デニム」になる。

でも、ジーンズは別名「デニムパンツ」とも言われるように、単に「デニム」で作ったパンツ。

「ジーンズシャツ」や「ジーンズジャケット」とは言わないんですね。

 

瞬くん
ええ!じゃあ僕は今までジーンズのことをデニムって言っちゃってたってことか!

そういう方、多いですよね。

 

そんなあなたは、もしかするとおしゃれなメンズかもしれません。

 

 

おしゃれな人はジーンズをデニムと呼ぶ?

瞬くん
・・・ん?僕がおしゃれ?

そうです。おしゃれです。

 

おしゃれな人は、ジーンズをデニムって呼ぶ人が多いんです。

 

冒頭に述べたように、ファッション用語は移り変わりがとても激しい。

確かに元々は「ジーンズ」と「デニム」って言葉の間には明確な違いがあって、ジーンズのことをデニムと呼ぶことは間違いでした。

でもその間違った使い方をしている人があまりにも多くなると、それが正しくなってしまう。それが「若者言葉」ってやつです。

 

オキ子ちゃん
なんか「ジーンズ」って言うより「デニム」って言う方が文字数も少ないし、なんかおしゃれ!なんか知らないけど!

って感じで適当な言葉の使い方をした人がいたんでしょう。たぶん。

それがどんどん広まって今では当たり前になっちゃってるわけですから、言葉って恐ろしいですね。

 

ちなみに、僕もデニムって呼んじゃいます。

違いをはっきりと区別している癖に、そっちの方がおしゃれっぽいから呼んじゃうんです。

本当に適当ですね。

 

 

「ジーパン」は死語!?

瞬くん
そう言えば僕が小さいころは「ジーパン」って呼んでたような気がするんだけど・・・。

 

ジーパン。とても懐かしい響きですね。今も使っている方がいたらすいません。

ジーパンは、いわゆる「ジーンズパンツ」の略。

僕の親の世代なんかは「ジーパン」呼びでしたが、僕の知っているおしゃれな知人の中でこの呼び方をしている人は1人もいない。

 

あの青いパンツの呼び方が、3段階で移り変わっているわけです。

  1. ジーパン
  2. ジーンズ
  3. デニム

もしかするとあと数年もすれば、「ジーンズ」って呼び方も「ジーパン」同様「死語」になっているかもしれない。

 

「ジーンズ」程度なら、しっかりと言葉を使い分けているんだなって受け取ってもらえるかもしれません。

でも、さすがに「ジーパン」は厳しい。

どれだけ見た目がおしゃれでも「ジーパン」呼びをしているメンズは、おしゃれ「もどき」に見られてしまうかもしれません。

 

 

まとめ

ここまで読んでいただいた上で、

呼び方なんてどうっでもいいわ!!!!!

って思うメンズもいるかもしれません。

 

どちらかと言うと、僕もそっち派ではあります。笑

 

でも、「おしゃれは心から」なんて言葉もあります。

さすがに未だに「ジーパン」呼びをしているメンズは、おしゃれなメンズになることを自ら遠ざけているような気がします。

スポンサーリンク


-ジーンズ

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.