サイズ感が命!メンズのma-1のサイズ選びで重要な3つのポイント

更新日:

瞬です。

去年から引き続き、今年の春も根強く続いていたma-1のトレンド。

ピーク時ほどではないものの、まだまだメンズファッション界では無視はできない存在ですよね。

 

そんなma-1ですが、ミリタリースタイルのどちらかというと個性的なアイテムのため、いまいち着こなしが分からないって人も多いのではないでしょうか。

 

ma-1の着こなしにおける一番のポイントは、ずばり「サイズ感」です。

今回はメンズのma-1のサイズ選びで重要な3つのポイントを解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

ma-1はサイズ感が命

ma-1はいわゆる軍服がモデルなわけですから、機能性に優れ、実戦の場で最高のパフォーマンスを発揮することを目的として作られています。

 

確かに、これなら戦場でも目立ちませんし、動きやすく、丈夫です。

確かにモデルに忠実ではあるんですが、

 

違う。そうじゃない。どう見てもダサい。

 

今は平成の日本の話をしているのです。少なくとも僕たちが生きているうちには戦争なんて起こらないと信じています。

今の時代にma-1を着こなすには、この独特のミリタリー感を残しつつ、その上で今風にアレンジすることが重要になってくるわけです。

ところでこのモデルに忠実なma-1がダサい理由、何か分かりますか?

 

他にもたくさんありますが、一番の原因はサイズ感なんですよね。

この広い肩幅と太い袖口、そしてインナーがほぼ隠れるくらいの長い着丈。

これでは到底今風のファッションをすることはできません。

 

 

メンズのma-1のサイズ選びで重要な3つのポイント

では、具体的にはどの辺りに気をつけてアイテムをチョイスし、着こなせば良いのか。

 

順に解説していきます。

 

肩と腕はとにかく細身を目指す

http://wear.jp/genji/6301993/

こういうma-1が今は一般的ですが、よく考えるともうほぼ原型を留めていないですよね。

無駄な装飾を捨てて、ルックスを追求して今風にアレンジし続けた結果、こういうシンプルなデザインに落ち着いたわけです。

 

そして注目して欲しいのが、肩や腕などのサイズ感。

さっきのma-1と比べると、随分とほっそりしましたね。

 

今風なファッションの特徴の一つに、細身のスタイルがあります。

昔よりもスタイルが良くてすらりとした細身のメンズが増えたからですね。

 

そのため、本来のma-1のようなモデルは、今ドキのおしゃれなメンズには受け入れられにくくなったわけです。

 

今はこういった細身のma-1がほとんどではありますが、しっかり試着をしてジャストサイズを選ぶことはファッションの基礎です。

 

インナーの丈はma-1より少し長め

モダンなma-1の特徴として、なんといっても裾の着丈の短さが挙げられます。

この部分が最もma-1らしい部分で、ここが長いとその辺のスポーツジャケットと変わりませんよね。

 

そうなると気になるのが、インナーとのバランス。

アウターが短いから合わせてインナーも短めにするのか、それとも思い切って出してやるのか、最初は迷いますよね。

インナーの裾丈は、ma-1より少し長めにしましょう。いい感じに。

 

いい感じってなんだよって言われてもいい感じはいい感じです。

http://wear.jp/fukugaskipoolkk/9248602/

長すぎるとどうしてもだらしない印象になってしまいますし、

 

http://wear.jp/hthayato17/6397210/

ma-1よりインナーの方が短いのは、いまいちma-1の良さを生かしきれてません。

 

http://wear.jp/genji/8091720/

長すぎず、短すぎず、いい感じに。

具体的におうとするなら、大体10cmくらい出す感じでしょうか。

 

自分の体型とのバランスもありますので、この辺りも試着時にチェックできると良いですね。

 

ボトムスはキレイめなものを選ぶ

http://wear.jp/genji/8286249/

ボトムスも忘れてはいけません。

ma-1はどれだけモダン風にアレンジしたと言ってもミリタリーアイテムなので、カジュアル要素がかなり強めです。

 

なので、メンズファッションの掟その弐、「キレイめとカジュアルのバランスを取る」から考えて、

ボトムスにはキレイめアイテムを持ってくる必要があります。

 

http://wear.jp/yu1109515/10113320/

ma-1が黒の場合、ボトムスも黒になると少し重たい印象になってしまうので、デニムを合わせてもいいですね。

 

と言っても、デニムもかなりカジュアル要素の強いアイテムなので、キレイめとカジュアルのバランスを上手く保てるようにコーディネートしましょう。

 

 

縦のレイヤードでボリューム感を出す

http://wear.jp/genji/5212730/

また、ma-1コーデにぴったりなテクニックとして、縦のレイヤードがあります。

ma-1の着丈の短さは独特で良いんですが、少し上半身のボリューム感が足りなくなってしまうという欠点があります。

 

ファッションのテクニックの1つとして、「インナーの下からもう一枚インナーをちらりと出す」、レイヤードってやつがあります。

こいつが、ma-1の首元の寂しさを上手くカバーしてくれるんです。

インナーの白Tシャツは暗めのコーデの挿し色の役割も果たしてくれるので、とても効果的ですね。

 

 

まとめ

ここまでサイズ感について掘り下げた記事は珍しいですが、それぐらいサイズ感はファッションにおいて重要なポイントだってことです。

なんでもないシンプルなアイテムなのにおしゃれに見える人は、大抵サイズ感が完璧なんですよね。

 

そして、実はおしゃれ初心者ほどデザインやカラーを重視してサイズ感をおざなりにします。

「おしゃれは足元から」ならぬ「おしゃれはサイズ感から」ですよ。

スポンサーリンク


-ma-1

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.