スキニーは裾上げをすべきである理由!おすすめの裾の長さとは?

更新日:

瞬です。

スキニーは、昨今のメンズファッションにおいては、とても重要な役割を持っています。

 

特に黒スキニーは、

「メンズのボトムスは黒スキニー以外必要ない。」

って言う人も多いくらい、コーデの要となるアイテムなんですね。

 

となると、おしゃれなメンズならある程度こだわりを持って、質の良いスキニーを1本は持っておきたいところ。

ここで、よくある質問が1つ。

瞬くん
スキニーって、裾上げするの?

 

結論から言うと、基本的にスキニーは裾上げをする必要があります。

今回は、スキニーは裾上げをするべきである理由と、裾のおすすめの長さについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

 

「スキニー1つのためにこんな長ったらしい記事読んでられるかっ!!」って人は、とりあえずD collectionの黒スキニーを選んでおけば間違いありません。

こいつは徹底的にサイズ感にこだわっているため、裾上げをしなくても丈がぴったり合ってしまうんですよね。

 

この記事を読むとどうなる?

自分だけの上質なスキニーを手に入れることができる。

 

 

スポンサーリンク

基本的にスキニーは裾上げをするべきである理由

普通のチノパンやジーパンなどを買うときは、大抵の人は裾上げをしますよね。

なぜなら、お店で売っているパンツの裾は長めに作られているから。

 

長いのは裾上げすればいい話ですが、短いのはどうしようもありませんからね。

足が長い人にも買ってもらえるように平均より長く作られているので、基本的には裾上げをすることが前提なわけです。

 

それなのに、どうしてスキニーは裾上げをしなくてもいいと思うのでしょうか?

 

http://wear.jp/samaru/6319483/

わざとなのか気にしていないだけなのかは知りませんが、なぜかスキニーは裾を余らせて履いている人がとても多い。

 

確かに、レディースでスキニーがトレンドになった当初は、「くしゅくしゅスタイル」なんて言って、こういう履き方がメジャーでした。

ですが、そんなのはもう何年も前の話ですし、そもそもメンズでくしゅくしゅって。

はっきり言って、ダサい。

 

ということで、スキニーも他のボトムスと同じように、店員さんに頼んで裾上げをしてもらいましょう。

既に買って何回か履いてしまっていても、お店によっては持って行くと裾上げしてもらえるので、一度聞いてみることをおすすめします。

 

 

裾上げのおすすめの長さとは?

裾上げってなると、やっぱり気になるのがその長さ。

 

店員さんにやってもらう場合はお任せしてしまうのも悪くはありませんが、やっぱり自分でベストな長さを知っておいた方が安心ですよね。

 

ノークッション

おすすめの裾長は、ノークッションと言われるものです。

 

http://wear.jp/genji/10722805/

裾の余った部分のことを「クッション」と呼び、それがノーなわけですから、

  • ギリギリ裾が余らないくらいの長さ

ってことになります。

 

ただ、ハイカットの靴を履く場合は要注意です。

ローカットと違って、どれくらい裾上げをすれば良いのか迷いますよね。

 

http://wear.jp/genji/5126852/

ハイカットの場合、スキニーの裾が少し靴に被るくらいに抑えておくのがおすすめです。

「このままローカットの靴に履き替えてもちょうど良い長さ」まで裾上げすることがポイントですね。

 

とにかく気をつけないといけないこととして、

くるぶしが見えるところまで裾上げしてしまうと、冬は寒くて履けなくなってしまいます。

一年中スキニーを履き続けるためには、意識しておかないといけないことですね。

 

ただ、

瞬くん
春夏はくるぶし見せたい!

って人も多いかと思います。

 

大丈夫です。ちゃんと考えてあります。

 

 

ロールアップ

http://wear.jp/gaku569/10751712/

くるぶしを見せたい人は、ロールアップをしてください。

自分の好きな位置まで裾を上げることができるため、くるぶし見せスタイルだって自由自在ってわけです。

 

ただ、ロールアップは絶対にやり過ぎ禁物。

パンツは裾がとても重要なので、3回も4回もロールアップをして裾が太くなってしまっては、せっかくのスキニーが台無しですからね。

 

瞬くん
俺はロールアップはしたくねぇ!でもくるぶしは出してぇ!

っていうわがままなメンズさんは、

  • 夏用と冬用でスキニーを使い分ける
  • 真冬でもくるぶし出して寒さと戦う

のどちらかで対応してください。笑

 

ロールアップのやり方については、別記事で詳しく解説しています。

 

 

管理人も愛用!裾上げをしなくてもいい黒スキニーとは?

瞬くん
あー、裾上げ1つでこんな長い記事めんどくさい!!

確かに、気持ちは分かります。

 

ということで、僕も愛用しているおすすめの黒スキニーを1つだけ紹介しておきますね。

こいつは、基本的に裾上げをする必要がない。

 

「オシャレだね」って、言われるボトム。

D collection 公式サイト

僕は、D collectionの黒スキニーを愛用してます。

価格もパンツとしては普通にかなり安いんで、全く同じサイズの黒スキニーを3本買ってローテーションしてます。笑

 

Dコレは、メンズファッションにおいて重要な「サイズ感」にとにかくこだわってるんです。

そしてそれは、裾も例外ではない。

大抵の場合は、裾上げをしなくてもぴったり合っちゃうんですよね。本当にすごい。

 

D collectionと言うと、毎日のようにメンズファッションについての質の高い情報を発信している大手のファッションコーディネートサイト。

ファッションを少しでも齧ったことのあるメンズなら、知っている人も多いでしょう。

そんなDコレさん自慢の、試着代行サービス。

スマホで身長と体重を入力するだけで、簡単に自分にぴったりのサイズが分かるんですよね。

これがあれば、通販でも一発で自分にぴったりのスキニーが手に入るってわけです。

 

他にも、Dコレの様々な体型のスタッフ18人が着てみた感想を書いていたり。

 

それでも万が一サイズ選びに失敗した時は、サイズ交換を送料無料でやってくれて、返品も可

Dコレさんの「うちのスキニー買うなら徹底的にサイズ選びにこだわって欲しい」っていう強い意志を感じますね。

 

こうやって紹介するくらいですから、全体的に非常に質の良い商品であることは間違いありません。

 

強いて気になったことを挙げるなら、最初穿いた時に少し生地が固い印象を受けたことくらいですかね。

ただ、それは生地がしっかりしていて耐久性に優れている証拠ですし、穿いているうちに柔らかくなって自分の足にフィットしてくるんで、全く問題ありませんでした。

 

細かい特徴とかコーディネート例なんかは公式の方で詳しく解説してくれているんで、そちらを参考にしてもらえれば。

個人的には、「amazonアカウントがあれば面倒な会員登録とかすっ飛ばして3分で買えちゃう」ってとこがかなり好きです。

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • メンズのスキニーは裾上げが必須。
  • 裾上げの長さは、くるぶしが隠れるくらいのノークッションがおすすめ。
  • 春夏にくるぶしを見せたいときは、ロールアップで対応する。

おしゃれな人とダサい人の違いって、こういうところだと思うんです。

 

おしゃれな人は、こういう細かい着方やサイズ感を絶対におざなりにはしません。

一方ダサい人は、アイテムのブランドやデザインには無駄にこだわるのに、平気で裾上げすらしていなかったりするんです。

 

特に、スキニーなんていうアイテムはシルエットが命です。

多少手間をかけても、自分だけの極上のこだわりスキニーを手に入れてくださいね。

スポンサーリンク


-スキニー

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved.