ニットで作るメンズのビッグシルエットコーデの3つのポイント

瞬です。

ねぇねぇ、そろそろビッグシルエットスタイルに挑戦してみたいんだけど、難しくてよくわかんない!

 

そうですね。トレンドのビッグシルエット、おしゃれだけどやっぱり着こなしのハードルは高めです。

下手にやると、ただの「サイズ感が合っていない服」になってしまうことも。

 

そんなおしゃれ中級者のあなたには、「ビッグシルエット×ニット」コーデをおすすめします。

 

今回は、トレンドのニットを使ったビッグシルエットコーデの3つのポイントを解説していきますね。

 

 

「ビッグシルエット×ニット」コーデをおすすめする理由

http://wear.jp/yayuyooooo/10486714/

ビッグシルエットスタイルをするなら、まずはニットから始めてみましょう。

理由はもちろん、着こなしが比較的簡単だからです。

 

ビッグシルエットはその緩いサイズ感から、どうしてもカジュアルな印象になってしまいがちですよね。

ニットはキレイめ要素がかなり強いアイテムなので、そのカジュアル感をうまくカバーしてくれるってわけです。

 

そしてなにより「ビッグシルエット×ニット」コーデは、女子ウケ抜群。

ビッグシルエット特有の「大人っぽさ」と、ニット生地の「優しい」雰囲気。

嫌いな女子なんていないはずです。

 

また、ビッグシルエットアイテムと言えばコートが定番ですが、これは秋冬の限られた短い期間しか使えません。

一方ニットは、春秋はアウター、冬はインナーとして使うことで、真夏以外ならほぼ一年中着回せるんですよね。

 

さてさて、ニットが欲しくて欲しくてたまらなくなってきたんじゃないでしょうか。

 

 

ニットを使ったビッグシルエットコーデの3つのポイント

本題に入ります。

 

ニットを使ったビッグシルエットコーデには、3つのポイントがあります。

 

オーバーサイズではなくビッグシルエット

ビッグシルエットと似た言葉に、「オーバーサイズ」って言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。

 

え、オーバーサイズもサイズがオーバーしてるってことだし、一緒じゃないの?

 

いいえ、微妙に違うんです。

ビッグシルエットは、そもそも生産の時点で、「大きめのサイズで着ること」を想定して作られています。

一方オーバーサイズは、そこらへんに売っている普通のアイテムの、「ワンサイズ大きめ」を選んで買っているだけなんですね。

この違い、分かってもらえるでしょうか。

 

すると、どうなるか。

http://wear.jp/kj31/9899926/

ビッグシルエットは、試着してみて良い感じのサイズのものを買えばそれだけでサマになりますが、

 

http://wear.jp/ryo040607/10874836/

オーバーサイズは、そもそもそういう着こなしに適していない場合も多々あるってことです。

 

ある程度勘が付いてくると、

このアイテムなら自分の体型だとこれくらいのサイズで良い感じになるな。

 

って分かってきますが、

 

ビッグシルエットスタイルに慣れていないのにオーバーサイズに手を出すと、大抵「着丈だけめっちゃ長い」みたいな変な感じになります。

 

オーバーサイズが出来るようになると、どのアイテムでもビッグシルエットスタイルが作れるので、着こなしの幅がグンと広がるんですけどね。

最初のうちは、「緩めに着こなす!トレンドのビッグシルエット!」みたいなキャッチコピーが付いているやつを選ぶのが無難ってことです。

 

ローゲージニットよりもハイゲージニット

ニットには、ハイゲージとローゲージの2種類があることをご存知ですか?

ゲージとは、ニットの網目の粗さのことを言います。

 

http://wear.jp/genji/9093777/

ハイゲージニットは網目が細かくて、キレイめな印象を与えます。

 

http://wear.jp/wear10030/10973931/

一方ローゲージは網目が粗いので、どちらかというとカジュアル寄りになるわけですね。

 

さて、どっちがお好みですか?

好みはそれぞれあるかと思いますが、ビッグシルエットコーデの場合は、ハイゲージニットが断然おすすめです。

 

もうお気づきの方もいるかと思いますが、冒頭で言ったように、ビッグシルエットはカジュアルなスタイルです。

そこにカジュアル寄りのローゲージを合わせると、なんとなく締まらないコーデになってしまうんですね。

 

ちなみに冬になってインナーとして使う場合でも、ハイゲージの方が使い勝手が良いです。

 

ボトムスは黒スキニーで決まり!

ニットのことは分かったけど、シルエットが大事ならボトムスも重要なんじゃないの? 

 

その通りです。ビッグシルエットスタイルにおいて、ボトムスはとても重要な要素です。

「重要」ですが、「簡単」です。

 

http://wear.jp/ogumotipon2/10807493/

ビッグシルエットスタイルは、「黒スキニー」との相性が抜群なんです。

 

要するに、「上半身が緩いなら下半身で締めろ。」ってことですね。

敢えてワイドパンツなんかを合わせるメンズもいますが、かなり上級者コーデになります。

 

と言っても、「黒スキニー」はビッグシルエットスタイルに限らず、メンズのボトムスの主役になる存在です。

もしもまだ1本も持っていないメンズがいるなら、今すぐにでも買ってくることをおすすめします。

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • ビッグシルエットスタイルは、ニットから始めるのがおすすめ。
  • オーバーサイズではなくビッグシルエットアイテムを選ぶ。
  • ローゲージニットよりもハイゲージニットがおすすめ。
  • ボトムスは黒スキニーで決まり!

個人的に、「ビッグシルエット×ニット」は、かなり好きなコーデです。

もちろんおしゃれなのはそうなんですが、ニットの緩さと生地の感じが着ててとても落ち着くんですよね。

 

ビッグニットに黒スキニー、さらにアクセサリーなんかで首元の寂しさもカバーしてあげると、それだけで秋冬のおしゃれコーデの出来上がりです。

読まれている記事

1

瞬です。   何事も、「マネ」から始まります。 ファッションも同じで、手っ取り早くおしゃれになりたいなら、まずはおしゃれな人のコーデをマネすることから始めるのがもう間違いない。   ...

2

ファッションを勉強しよう。 そう考えた時に、まず何から始めるのが正解なんでしょうか。   テレビや雑誌でファッションを学んでみたり。 とりあえず手軽なユニクロやGUに行ってみたり。 &nbs ...

3

瞬です。 瞬男はバッグなんか持つな!手ぶらが一番かっこいいんだ!   とても気持ちはわかります。   ですが、携帯に財布にって物を入れてパンパンになったポケットほどダサいものはあり ...

4

瞬です。   おしゃれなメンズのクローゼットの中身、見たことありますか?   瞬そりゃおしゃれな人なんだから、カラフルで凡人には着こなせないような服がずらりと並んでるんでしょ? ま ...

5

瞬です。 オタクファッション。それは世にも恐ろしくダサいファッションの総称。 見ているだけでテンションが下がっていく魔のコーデ。   オタクは趣味にお金と時間を使いすぎて服を買う余裕なんて残 ...

6

瞬です。   レイヤードって言葉、聞いたことありますか?   こういうやつですね。インナーの白Tシャツを下からチラッて見せるやつ。   瞬最近よく街で見かけるけど、なんの ...

7

瞬です。 突然ですが、普段ニットを着る時、インナーはどうしていますか?   まさか素肌で着るって人はあまりいないかと思います。 チクチクしますし、セーター自体も長持ちしませんもんね。 &nb ...

-ニット

© 2023 メンズファッションの掟