スキニーに飽きたメンズは細身テーパードスラックス穿けって話

更新日:

瞬です。

 

メンズの皆さん、普段のボトムス、なにを穿いていますか?

チノパン?ジーパン?

当ブログを読んでくれている方なら、スキニーって方も多いかと思います。

 

ただ今回は、思い切ってもう1ランクレベルアップしてみましょう。

 

https://wear.jp/genji/10288259/

スラックスですね。

元々はスーツのボトムスに使われるもので、とてもフォーマル感の強いアイテム。

こいつを少しカジュアルダウンして、私服で使ってしまおうってわけです。

 

今回はその中でも、「細身テーパードスラックス」をおすすめしたい。

「メンズのボトムスは黒スキニー1択!!」って感じのメンズなら、確実に次の段階に行くヒントを掴めるはず。

 

 

スポンサーリンク

スキニーはホップ、スラックスはステップ

http://wear.jp/ogumotipon2/10839954/

まず、当ブログでも何度も言っているように、メンズのボトムスで最もベーシックなアイテムは黒スキニーです。

下半身を引き締めることで、メンズコーデの理想的なシルエットの1つであるYラインを出す。

何にでも合って、その強いキレイめ感から簡単に大人っぽいおしゃれコーデを作ることができます。

 

ただ、これは「ホップ」なんです。

ホップステップのホップですね。

いわば基本。おしゃれなメンズを目指すなら最初に手にするアイテムってことです。

 

瞬くん
そろそろ僕もおしゃれ中級者だから、そろそろ別のボトムスにも手を出してみたいなぁ。

そんなあなたは、もう「ステップ」の段階。

スラックスを穿きましょう。

ホップ、ステップです。

 

スキニーは普通すぎてもう飽きた。

そんなメンズにこそ、スラックスをおすすめしたい。

 

 

「ゆるい」のに「キチンと感」もある

瞬くん
で、スラックスって具体的にどの辺が良いの?

そうですね。一言で表すなら、

「ゆるい」のに「キチンと感」もあることですかね。

 

ゆるいっていうのは、単純に着心地的な意味。

スキニーで慣れている人なら解放感に驚きます。やっぱりスキニーの締め付けってすごいんだなってなります。

 

瞬くん
ゆるいってことはカジュアルってこと?ボトムスがカジュアルってダメなんじゃ・・・?

そこなんですよね。

確かにスラックスのシルエットはゆるい。でも、こいつは元々はスーツなんですよ。

 

https://wear.jp/genji/10288259/

このツヤ感ですよね。普通のジーンズ系のパンツでは絶対に出せない雰囲気。

「キチンと感」は、しっかりと残っている。

 

緩すぎず、かつキチンとしすぎない。

この余裕さが、「スラックスはステップだ。」って言われる所以です。

 

 

サイズ感は「細身テーパード」を狙え!

瞬くん
で結局、「細身テーパード」ってなんなの?

黒パンツのようなシンプルなアイテムにおいて、「サイズ感」がどれだけ重要かは言うまでもないこと。

 

https://wear.jp/taku0216/12452454/

サイズ感を間違えると、スラックスコーデは一気にダサくなります。

というかここまでやるならもうワイドパンツ穿けばいいのにって思いますけどね。

 

スキニーと比べると、スラックスのサイズ感はシビアです。中級者用ですからね。

でも、決して難しいことはない。

「細身テーパード」を狙えば良いんです。

 

細身は細身です。そのまま。スキニーほどではないけど、ダボつかない程度のちょうど良い幅感。

ポイントは、テーパードの方。

テーパードは裾に向かって徐々に幅が細くなっているパンツのことで、ゆるく穿ける割にシルエットが綺麗にまとまるんです。

 

https://wear.jp/genji/10695583/

最初はこれくらいでも良いかもしれませんね。

メンズパンツは、幅が広くなればなるほど上級者向けになります。

慣れてきたら徐々に広くしていけばいいんです。そのうち自然とジャンプしてます。

 

 

夏のTシャツ1枚コーデとの相性抜群!!

ステップとは言いましたが、スラックスの着こなしは決して難しいわけではありません。

基本的には、普通の黒パンツとして着こなせばいい。

 

ただ、スラックスが一層輝く季節があります。

それが、

暑苦しい夏に、肌にピッタリと張り付くスキニーはしんどいですよね。

スラックスのようにゆとりのあるパンツなら通気性も良く、涼しく快適に夏を過ごせるはずです。

 

そして、夏コーデと言えばどんなのを思い浮かべますか?

https://wear.jp/genji/7637178/

やっぱりTシャツ1枚のザ・男コーデが至高でしょう。

まぁ当然のように黒パンツを合わせるわけですが、スキニーを合わせるのはもう慣れたもんです。ダサくなるわけがない。

でも今回は、ステップするんです。

 

https://wear.jp/genji/10218000/

シンプルな白Tコーデも、ボトムスをスラックスにするだけで、グッと大人っぽく、洗練されたコーデになったのが分かるでしょうか。

 

ゆるいサイズ感と、ツヤのあるキチンと感。

 

「白T×黒スキニー」はさすがに普通すぎてつまらないなぁ。」っていうおしゃれ中級者メンズには是非おすすめしたいですね。

 

https://wear.jp/daiske0915/11601768/

もちろん黒スラックスなら、Tシャツのカラーはなんでも合います。

黒スラックスに自分のカラーのTシャツを合わせたコーデは、昨今のメンズの夏の超鉄板コーデになってますね。

 

 

管理人が厳選したおすすめスラックスを1つだけ紹介する。

と言っても、たくさんあるスラックスから良い物を1つだけ選ぶのって、結構大変ですよね。

そこで、今回はたくさんあるスラックスのブランドから、とにかくコスパの良いものを1つ、選んでみました。

 

黒スキニーでおなじみのD collectionが、お待ちかねのスラックスも出してくれました。

スキニーが最強なら、スラックスも最強。さすが期待を裏切りませんね。

 

瞬くん
でも、やっぱりネットで服を買うのは心配。パンツはサイズ感が大事でしょ?

大丈夫です。

メンズファッションの全てを知り尽くしたD collectionだからこそ、絶対にサイズ選びで失敗させないサービスが用意されています。

それが、試着代行サービス

自分の身長や体重を入力するだけで、一瞬で自分にぴったりのサイズを教えてくれる。

 

さらに、万が一買ってからサイズが合わなかったとしても、「サイズ交換、返品無料」。

ここまでされるともう文句の付けようがなかったです。

 

個人的には、普段から使い倒しているamazonアカウントを使ってものの3分で買えちゃうっていうのがかなり気に入りましたね。新しく使うサイトって、会員登録とか面倒だし。

ただ、入口は公式サイトからだけなんでそこはあしからず。

 

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • スキニーに飽きたらスラックスを穿くべし。
  • サイズ感は「細身テーパード」がおすすめ!
  • 夏のTシャツ1枚コーデとの相性が抜群。

決して勘違いしてほしくないのが、スキニーは相変わらずメンズの最強ボトムスだってこと。

ホップステップはどっちがおしゃれとかそういう話じゃなくて、スキニーに飽きてきた中級者メンズはスラックスにステップしましょうってことです。

 

僕も今でも穿く頻度としてはスキニーとスラックス同じくらいですからね。この2つがツートップなのは間違いない。

スポンサーリンク


-スラックス

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.