「おしゃれなメンズのボトムスほぼ黒スキニー」説を検証する。

瞬です。

 

何事も、「マネ」から始まります。

ファッションも同じで、手っ取り早くおしゃれになりたいなら、まずはおしゃれな人のコーデをマネすることから始めるのがもう間違いない。

 

それができたら、あとは研究、研究、研究・・・。

おしゃれな人たちに共通するコーデの「特徴」を見極めることです。

 

そして僕は、見つけました。

 

結論から言うと、メンズが手っ取り早くおしゃれになりたいなら、まずD collectionの黒スキニー を手に入れることです。

メンズファッションの土台となる部分なので、これ無しでは何も始まらない。

 

この記事を読むとどうなる?

毎日のコーディネートを考えるのがグッと楽になる。

「おしゃれなメンズのボトムスほぼ黒スキニー」説

ネットでおしゃれなコーデのスナップ写真を眺めているうちに、気づいてしまった。

 

おしゃれなメンズって、なんかみんな黒スキニー穿いてね?

ってやつ。

 

こうなると、理系人間の僕は理由を考えないと気が済まない。

黒スキニーって、めちゃくちゃシンプルなアイテムですよね。デザインは確かにかっこいいけど、別に何か特別な特徴があるわけでもない。

なぜこのアイテムはここまで人気があるのか。

 

おしゃれなメンズのボトムスほぼ黒スキニー説

自分なりに検証してみました。

 

その理由は、むしろそのシンプルさにあったんですよね。

 

 

黒スキニーはどんなコーデにも合わせられる

ファッションって、結局「アイテムとアイテムの組み合わせ」なわけです。

どのアイテムとどのアイテムが合うか合わないか、これだけなんです。

 

でもおしゃれ初心者にとっては、それが難しい。分からない。

トップス、アウター、ボトムス、靴、小物類・・・。

パーツが多すぎて、どこをどう合わせれば良いかが分からないんですよね。

 

ここで出てくるのが、黒スキニー。

黒スキニーは、そんなおしゃれを嗜む人なら誰しもが抱く悩みを一発で解決してくれる超優れものアイテムなんです。

なぜなら、「黒スキニーはシンプルすぎてどんなアイテムにも合わせられる」から。

 

つまり、たくさんあるパーツの中から、ボトムスを「消せる」んですよね。コーディネートの際に考える必要がなくなる。

コーデの半分を占める下半身が最初に決まると、本当にコーデを考えるのがグッと楽になります。

 

http://wear.jp/genji/11036176/

とりあえず黒スキニー穿いてこういうめちゃくちゃベーシックなコーデを作ることもできるし、

 

http://wear.jp/genji/5750990/

こうした少しクセのあるコーデにも対応できる。

 

http://wear.jp/sasatoshi/9701411/

もちろん普通の春秋コーデにも黒スキニーは大活躍します。

 

なんて言うんでしょうか。この万能さなんですよね。

 

黒のスキニーさえ持っていれば、もはや他のボトムスを買う必要がなくなってくる。

コーデを考える手間が省けるのはもちろんですが、経済的にも優しいってわけですね。

 

 

メンズのボトムスは細身のシルエットがベスト

http://wear.jp/journal457x4/11694381/

このコーデと、

 

https://wear.jp/musashi4711/12595549/

このコーデ。

 

正直、勝負になりませんよね。

 

まぁコーデ全体のアイテム選びや配色なんかももちろん違うんですが、一番の原因は間違いなくボトムスでしょう。

ダボダボのボトムスは、それだけでコーデを台無しにします。

結局メンズのボトムスは、スキニーのような細身のシルエットがベストの選択肢になるんですよね。

 

 

メンズコーデのボトムスはこの黒スキニーで完結する

もしもまだ黒スキニーを1本も持っていない人がいるなら、まずD collectionの黒スキニー を手に入れてください。

こいつがあれば、メンズパンツは他に何もいらない。

 

D collectionは、月間600万PVの「オシャレが学べる」人気メンズファッション通販サイトです。

その中でもこの黒スキニーは累計5万本以上も売れていて、めちゃくちゃ評価が高いアイテムなんです。

定番すぎて、「黒スキニーと言えばDコレ」って言われるレベル。

 

唯一欠点があるとすれば「埃が少し付きやすい」くらいですが、そもそもの品質が良すぎて僕は全然気になりませんでしたね。

一応「30代からの黒スキニーパンツ」って謳ってますけど、僕はむしろ「10〜20代」の男性にこそ試してほしい一気にコーデが大人っぽくなります。

 

ちなみに「試着レビュー 」を参考にすれば、サイズ選びもバッチリです。

Dコレの様々な体型のスタッフが、実際に穿いてみた感想を詳しくレビューしてくれています。

万が一サイズが合わなくても「サイズ交換・返品無料」という神仕様なので、安心して買ってもらって大丈夫です。

 

 

まとめ

まぁなんていうか、こうダラダラと話してきましたが、この記事で言いたいこと。

メンズファッションは黒スキニーから始まる。

 

当然おしゃれ中級者くらいになってくると他のボトムスも使い始めますが、初心者のうちは是非こいつの万能さを実感してもらいたい。

実際、ネットにコーデを挙げるようなおしゃれ上級者のメンズたちですら黒スキニー穿きまくってるわけですから、持っていないのは論外ってわけです。

読まれている記事

1

瞬です。   何事も、「マネ」から始まります。 ファッションも同じで、手っ取り早くおしゃれになりたいなら、まずはおしゃれな人のコーデをマネすることから始めるのがもう間違いない。   ...

2

ファッションを勉強しよう。 そう考えた時に、まず何から始めるのが正解なんでしょうか。   テレビや雑誌でファッションを学んでみたり。 とりあえず手軽なユニクロやGUに行ってみたり。 &nbs ...

3

瞬です。 瞬男はバッグなんか持つな!手ぶらが一番かっこいいんだ!   とても気持ちはわかります。   ですが、携帯に財布にって物を入れてパンパンになったポケットほどダサいものはあり ...

4

瞬です。   おしゃれなメンズのクローゼットの中身、見たことありますか?   瞬そりゃおしゃれな人なんだから、カラフルで凡人には着こなせないような服がずらりと並んでるんでしょ? ま ...

5

瞬です。 オタクファッション。それは世にも恐ろしくダサいファッションの総称。 見ているだけでテンションが下がっていく魔のコーデ。   オタクは趣味にお金と時間を使いすぎて服を買う余裕なんて残 ...

6

瞬です。   レイヤードって言葉、聞いたことありますか?   こういうやつですね。インナーの白Tシャツを下からチラッて見せるやつ。   瞬最近よく街で見かけるけど、なんの ...

7

瞬です。 突然ですが、普段ニットを着る時、インナーはどうしていますか?   まさか素肌で着るって人はあまりいないかと思います。 チクチクしますし、セーター自体も長持ちしませんもんね。 &nb ...

-スキニー

© 2023 メンズファッションの掟