丈が命!メンズのスキニーパンツの3種類の丈の長さ!おすすめは?

更新日:

瞬です。

当サイトでは、スキニーの有用性については既に十分すぎるほど述べています。

 

まだスキニーについてよく知らないメンズは、まず別記事を一読ください。

 

どんなコーデにも合う、メンズの最強ボトムスであるスキニー。

ですが、あることに気をつけておかないと、コーデを台無しにしてしまうこともあります。

 

メンズのボトムスは、丈がとても重要です。

その中でもシルエットを重要視するスキニーは、丈が命と言っても過言ではありません。

 

今回は、メンズのスキニーの3つの丈を挙げ、それぞれの着こなしについて詳しく解説していきたいと思います。

 

「スキニー1つのためにこんな長ったらしい記事読んでられるかっ!!」って人は、とりあえずD collectionの黒スキニーを選んでおけば間違いありません。

こいつは徹底的にサイズ感にこだわっているため、裾上げをしなくても丈がぴったり合ってしまうんですよね。

 

 

スポンサーリンク

パンツの丈はお店で裾上げをしてもらう

パンツの丈についての話をすると必ず出てくるのが、

そもそも僕みたいなチビに合う丈のパンツがお店に売ってないんだよ! 

っていうおしゃれ初心者。

 

当たり前です。

お店に置いてあるパンツは、裾上げをすることが前提で長めに作られています。

よっぽど安いパンツでもなければ、店員さんに言うだけで無料で裾上げしてもらえます。まずはそこからです。

 

と言っても、裾上げの丈に正解はありません。

ある程度の標準はありますが、どうしてもショップによってバラつきが出てしまうもの。

もう切ってしまった後に、「もう少し長めがよかった!」って言ってももうどうしようもありません。

 

なので、ある程度は自分で希望の丈の長さを伝えるのがベストなわけですね。

 

 

メンズのスキニーの3種類の丈の長さ

スキニーの丈の長さは、大きく3種類に分けることができます。

 

それぞれメリットとデメリットがありますし、合わせる靴や季節によっても変わってくるので、その辺りも解説していきますね。

 

ハーフクッション

http://wear.jp/sasatoshi/9218768/

まず、ハーフクッション。

これが、メンズのスキニーの最も標準的な丈の長さになります。

 

クッションとは、いわば「たるみ」のことですね。

それがハーフなわけですから、裾がたるむかたるまないかのギリギリのところです。

 

メリットとしては、どんな季節でも対応できますし、とにかく万能なことですね。

デメリットは特にありません。強いて言うなら、座った時に少しだけくるぶしが出ることがあるので、そこだけ気をつければ大丈夫ですね。

 

裾上げの際になにも聞かれず、なにも言わなければ、大抵これになります。

 

ノークッション

http://wear.jp/gaku569/10751712/

名前の感じから大体察するかとは思いますが、クッションがノーなわけです。

一切たるみがなく、くるぶしがはっきり見える丈の長さですね。

 

最近はデフォルトでこの丈になっている「アンクルパンツ」なんてものがありますが、くるぶし見せスタイルは、昨今のメンズのトレンドですよね。

ですが、もちろんその分足元は寒くなるので、夏におすすめの丈であると言えます。

 

ショップ店員によると、やっぱり夏前に急にノークッションのオーダーが増えて、それが過ぎるとあとはほとんどハーフクッションになるらしいですね。

サンダルなんかと合わせてもおしゃれなんじゃないでしょうか。

 

ワンクッション

http://wear.jp/genji/5419722/

もう言うまでもないでしょう。

ワンクッション。ちょっとだけたるんだ丈ですね。

 

結構おしゃれな人でもやっている人が多いんですが、個人的には敢えてこの丈にするメリットがいまいち思いつきません。

あるとするなら、座ってもくるぶしが出ないので、真冬でなんとしても肌を露出させたくない場合とかでしょうか。

 

スキニーはシワのないピッタリとフィットしたシルエットが売りのアイテムです。

基本的には、たるみはない方がベターかと思います。

 

 

結局、一番のおすすめは?

別に丈の長さの名前なんてどうでもいいんだよ!一番おすすめのやつを教えて! 

 

ワンクッションは、先ほど述べたようにいまいちメリットがはっきりしないので、ナシとします。

そうなると、ハーフクッションかノークッションってことになりますね。

 

http://wear.jp/sasatoshi/9218768/

1つおすすめを挙げるとするなら、やっぱりハーフクッションですね。

なぜなら、ハーフクッションをノークッションにすることはできても、逆はできないからです。

 

http://wear.jp/genji/10758388/

そう。ハーフクッションは、ロールアップするだけで簡単にノークッションにすることができます。

少しカジュアル感は増しますが、ロールアップしてくるぶしを見せるスタイルは夏の定番ですので、かなりおすすめですね。

 

 僕はどうしてもロールアップはしたくないんだよなぁ・・・。

って人は、夏だけ別のノークッションのスキニーを穿くのが良いですね。

メンズの最重要アイテムであるスキニーですから、2本くらい持っていても損はしないでしょう。

 

 

裾上げをしなくてもいい黒スキニーを1つだけ紹介する。

あー、裾上げ1つでこんな長い記事めんどくさい!!

確かに、気持ちは分かります。

できることなら、買ったそのままでばっちり裾まで合っていてほしいですよね。

 

ということで、僕が愛用している黒スキニーを1つだけ紹介しておきます。

こいつは、基本的に裾上げをする必要がない。

 

僕は、D collectionの黒スキニーを愛用してます。

 

D collectionは、日本で唯一「オシャレが学べる」メンズファッション通販サイトなんです。

そのためスキニーだけでなく、他のアイテムもファッション初心者のことを知り尽くして絶妙なとこを突いていて、本当に見事です。

通販サイトとしてはもちろんのこと、「月間600万PVのメンズファッションブログ」としても優秀すぎるんで、チラッと覗いてみるだけでも大いに価値があります。

 

そして、そんなDコレが数あるラインナップの中でも最も力を入れているアイテム。

それが、この黒スキニーってわけです。

 

Dコレは、スキニーにおける命とも言えるシルエットに徹底的にこだわってる。正直、他の同価格帯のものとは群を抜いてます。

最初に穿いたときは人によっては少しきつく、生地が固いと感じるかもしれません。

ただこいつはストレッチ性があるんで、穿いているうちに自分の足に綺麗に馴染むように作られているんです。

 

そしてそれはもちろん、裾も例外ではない。

バランスが絶妙すぎて、裾上げをしなくてもぴったり合っちゃうんですよね。当然僕も、裾上げをしていません。

これがユニ○ロとかだとそうはいかない。ウエストや太ももにサイズを合わせると、裾が異様に長くなる。裾上げ無しなんて使い物になりません。

 

ただ、Dコレは通販サイト。ネットは便利だけど、どうしても心配なことが1つだけ。

「サイズ選び」ですね。僕も何度も悲しい思いをしてきた人間です。その気持ちは痛いほど分かります。

でも、それこそが僕がDコレをここまで勧める最も大きな理由の1つ。

Dコレの本当にすごいところは、「通販でも絶対にサイズ選びを失敗させない鉄壁のシステム」にあるんです。

 

まずは、「スタッフ着用レビュー」の出番。

Dコレの23名の様々な体型のスタッフが、実際に穿いてみた感想を詳しくレビューしてくれています。

あとは実際に買った人のレビューも参考になりますね。「身長、体重、購入サイズが全部書かれてるんで、そこをしっかり見れば間違える方が難しい。

 

そして、極め付けはこれ。「試着代行サービス」なんてものまであります。

プロのスタッフと直接やり取りしてしまえば、もはや鉄壁でしょう。

 

それでも万が一サイズ選びに失敗した時は、サイズ交換を送料無料でやってくれて、返品も可

これまで散々やっといて結局失敗しても大丈夫って、もはや意味が分からない。

「ここまでやる必要あるのか?」って思うかもしれませんけど、「ここまでやる」のがD collectionなんです。

 

正直、最近のDコレがコンテンツとして優秀すぎて、ウチのような個人のファッションブログの存在意義が問われつつあるような気がする。

はっきり言って、Dコレのファンになれば、自動的におしゃれになれます。

 

 

まとめ

要点だけまとめて!

  • パンツの丈はお店で裾上げをしてもらうことが前提。
  • パンツの丈は、大きく3種類に分けられる。
  • 基本はハーフクッションで、夏だけロールアップしてノークッションにするのがおすすめ。

と言っても、お店の人に丈を伝える時に、

ハーフクッションでお願いします!

なんてくれぐれもやめてくださいね。笑

 

そもそも通じないかもしれないし、通じたとしても、

オキ子ちゃん
なんだこの客、うっざ・・・。

って思われるのが関の山ってもんです。

 

素直に、「長め、短め、普通」辺りで伝えるのがベストかと思います。

調子にのるとロクなことないです。笑

スポンサーリンク


-スキニー

関連記事

Copyright© メンズファッションの掟 , 2019 All Rights Reserved.